2010.02.13

「哄う合戦屋」(北沢秋)を読んだ

最近は、単行本の書籍を買うことは無いんですが、久しぶりに戦国熱が出てきたので、蔦屋書店で、歴史小説コーナーへ。

「のぼうの城」の作者の忍者ものに興味ありつつも、表紙見て、購入を決めたのが、「哄う合戦屋」です。

http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-23664-4.html

東大工学部卒で、執筆のために会社辞めたというのも、興味引きました。

読みやすかったので、半日で読み終わりました。

武田晴信(信玄)が、勢力を南信濃から、さらに北に伸ばし始めた天文十八年から1年あまりを、中信濃の豪族遠藤吉弘に使えた天才軍師石堂一徹の活躍に、吉弘の娘若菜との交流を交えた、物語です。

有り余る才能がありつつも仕える主君(北信濃の村上義清)とぶつかり、諸国を翻弄していた一徹が、中信濃の小領で内政で国力を上げて領民からも慕われていた遠藤吉弘の娘若菜と会い、吉弘に仕えるところから始まります。

その後の展開はめまぐるしくも、宴や、城下町のイベント、嫉妬や素直ではない愛など、多彩です。

人間関係というものは、難しいものです。
そして、損得勘定で動く人が、そういうのを越えて生きる瞬間って、良いです。

最後、タイトルの意味がわかります。

上杉景勝と直江兼続、伊達政宗と片倉小十郎のような、主従というのは得がたいものだと実感。

おまけで、戦国で好きな人物は、蒲生氏郷と宇喜多秀家です。
あと、長宗我部元親は、信長の野望でよくプレイしました。(四国に父方の実家があるので)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010.01.31

新年一発目

2010年になりました。

今年も楽しい一年になると、素敵です。

突然、自分の性格を振り替えると、素直でないというのがあります。

飲みに誘われても、一回断るとか。
結局、行くんだけどね。

淋しがり屋の裏返しで、かまって欲しい、めんどくさいヤツなんです。

そんな自分は変わらないから、迷惑をかけない程度に楽しくいきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.28

Mr.Children

12月26日に、東京ドームで、Mr.Children(ミスチル)のライブを見てきました。

最高でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.11.30

マイケル関連情報

先週金曜日に、映画「THIS IS IT」の公開も終了しました。

駆け込みで見ようと思った人は、すでに満席で見れなかった人も、多かったと思います。

劇場で見るのが、臨場感があって、いいと思いますが、DVDとBlu-rayが、来年1月27日に発売されます。

▼マイケル・ジャクソン THIS IS IT コレクターズ・エディション (1枚組) [DVD]

▼マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

▼マイケル・ジャクソン THIS IS IT メモリアル DVD BOX (完全限定10,000セット)

▼マイケル・ジャクソン THIS IS IT(特製ブックレット付き) [Blu-ray]

▼マイケル・ジャクソン THIS IS IT (Amazon限定スチールブック仕様/完全数量限定/特製ブックレット付き) [Blu-ray]

マイケルのグッズがほしい人は、渋谷のパルコに、マイケル・ジャクソンのオフィシャル・ショップ「KING OF POP」が期間限定で出展中です。

マイケルのTシャツをはじめとした、グッズや、小物類、音源などもあり、華やかです。

KING OF POP/東京・渋谷マイケル・ジャクソン オフィシャル・グッズストア

また、マイケルが過去にかかわった映画「ムーンウォーカー」がリバイバル上映されています。

映画「ムーンウォーカー」オフィシャルサイト

DVD化もすでにされています。


さらに、12月23日に、上記の「KING OF POP」の運営をするジャパン・オールラウンド・ミュージックの方のトークショート、マイケルの物まねの、マイコーりょうのパフォーマンスのある、イベントが渋谷で開催されます。

チケットは、チケットぴあで。(マイケルイベントPコード:341-889 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.03

マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」を見た

マイケル・ジャクソンのドキュメンタリー「THIS IS IT」を見てきました。

DUFT PUNK好きの友人が、改めて、マイケルのすばらしさを語ってくれていて、それに影響を受けました。

連休の間で、お休みの人が多いとはいえ、レイトショーの錦糸町のTOHOシネマズは、満員でした。

マイケル・ジャクソンは、今は亡き、ウガンダのひょうきん族のスリラーのパロディで知りましたが、音楽的には「BAD」にはまり相当聞いていました。

その後、ロック好きになったので、マイケルを聞き込むことはなくなりましたが、「BLACK OR WHITE」は、ギターが効いていて、フェイバリットソングのひとつです。

かっこいい、ビデオクリップですが、演奏後の破壊的な表現が、放送禁止になったそうです。ここは、人種差別への抗議を表したといわれています。(某人種差別団体の文字が書かれたものを壊すシーンもあります)

で、THIS IS IT。

マイケルは、ライブがすごいとは思っていましたが、実際に見たことはなく、音楽だけを聴くと、マイケルのヴォーカルが前面に出ていない曲もあり、(パワフルなロック好きの耳の立場で)聴きごたえがないと思うこともありました。

しかし、マイケルのパフォーマンスは、ダンサーとしての彼や、多数のダンサーとのシンクロが大きな部分を占め、この部分は、視覚で見て、その部分も堪能できることをいまさら知りました。

死の直前も、こだわりのあるリハーサルに望む態度と、前向きな言葉。

たとえ、死ななくても、ロンドンのライブで復活で、奇人・セレブのマイケルではなく、KING OF POPのマイケルとして、話題になれたと思います。

エンディング時には、拍手が沸き起こりました。映画館だから、上映中は、騒げないけど、曲が終わるたびに拍手したくなる人も、いたんじゃないですかね。

映画は、2週間限定から、上映延長が決まりました。

年末商戦を考えると、年内にパッケージ化される可能性もありますが、家がホームシアターではない自分は、映画館で楽しめて、良かったです。

おまけで、マイケルで好きな曲は、さっき言った「BAD」、「BLACK OR WHITE」に加えて、「YOU ARE NOT ALONE」ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.23

そういえば、麺屋武蔵 江戸きん@浅草が、日高に変わっていた

先日、浅草に立ち寄ったら、麺屋武蔵 江戸きんのある辺りに日高屋がオープンしたなと思ったら、江戸きんの場所でオープンしていました。

江戸きん、閉店してしまったのですね。

残念。

それにしても、浅草には結構、日高あると思いますが、やはり、勢いがあるのでしょうか。

最近は、冷夏で売り上げが落ちたというニュースを見た記憶がありますが、仕事帰りに安く飲みに行くのには、定番になってきましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.13

生ジンギスカン@札幌 maruda

札幌では、ジンギスカンをやはり食べないとね、と思い、札幌駅に行く途中のお店に入りました。

後で知りましたが、やしきたかじんと、親交のあるお店でロゴをデザインしてもらったそうです。

あと、Webで軽くチェックしただけですが、「だるま」というお店が、ジンギスカンで有名なんですが、もともとはそことは違う「daruma」というお店だったみたいですが、「maruda」に改名したようです。

P6130160_filtered

ちなみに、生ラムという意味を知らずに、頼みましたが、皿が来た後に、思わず、生で食べようと噛んでしまいました。

P6130154_filtered

これは、食べられるものではないと、すぐに思い、鍋で焼きました。

その場で、W-ZERO3で、検索したら、生ラムは、冷凍ではないラムという意味で、もちろん、焼いて食べるものでした。

ちなみに、幻のラムを頼んだのですが、塩で食べることを推奨されました。

塩で食べたのは、いやーおいしかったです。

もちろん、普通のラムをたれで食べてもおいしかったです。

P6130157_filtered

ちなみに、もやしとたまねぎは、どう焼くかわからないので、鍋全体で焼きました。
周りで焼くんですよね?

P6130155_filtered

でも、肉は天辺で焼きました。

P6130156_filtered

P6130158_filtered

最後は、梅おにぎりで〆ました。

P6130159_filtered

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.05

麺屋武蔵 江戸きん@浅草のカリー麺

東武線沿い(伊勢崎線につながったローカル線ですが)に住んでいるため、浅草駅を経由する時があります。

で、たまーに、麺屋武蔵の江戸きんに行きます。

なんで、江戸きんという名前が付いているのか、不思議でしたが、麺屋武蔵のみの名前は、新宿の本店のみが使うみたいで、それ以外の店は、必ず、もう一つ名前が付いているみたいですね。

麺屋武蔵のサイトに各店舗の名前が載っています。

で、以前行った時に、カリー麺なるメニューに興味を持ったのですが、まずはベーシックなものから食べる傾向があるので、その時はカリー麺は食べませんでした。

そして、今回、カリー麺初体験。

ソースのかかった生キャベツと、カレーに合う牛肉、生卵が乗っています。

P3269128

P3269129

麺は、平麺ぽくて、カレーのスープとマッチして、牛肉も美味しい。キャベツもさっぱりで、以外にマッチします。

P3269130

今後は、カリーつけ麺も食べてみようと思います。
浅草はいろいろ美味しい店があり、迷っちゃいますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.31

大晦日の神田明神

PC310380

PC310379

PC310385

PC310389

PC310387

PC310390

PC310391

PC310397

PC310394

PC310398

PC310399

PC310400

PC310401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.28

日本の医療現場

年越しの時期に、家族が体調を崩していて、その副次的な問題(床ずれ)がひどいことになっていたので、救急車に乗りました。

幸い2週間くらいの入院ということですが、もともとの部分も調子が悪く、我が家の平均年齢は高いので、いろいろと心構えが必要ですし、自宅のバリアフリー化も必要かもしれないです。

救急車に乗ったのは、三回目で、最初は、昔の部署の歓送迎会で、両国のちゃんこ屋で、飲みすぎた(飲まされすぎた)方が、急性アルコール中毒になった時です。
自分は、アルコールはセーブするタイプなのですが、自分もならないように気をつけたいです。

2回目は父親が入院していたときに転院の時に、救急車で移動しました。

いろいろ時が付いたのは、マンションのエレベーターの奥は、救急ベッド用に扉を開くことができて、そこに横になったまま乗れる体制になっていることとか、救急チーム(消防庁の医療技術員)は、3人一組なんですね。

映画「救命士」では、二人一組だったように感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«カレーハウスCoCo壱番屋の「5辛」