« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004.07.27

TOEIC駆け込み寺に行った

今年に入ってから、キャリアアップ系のセミナーに何度か出席していて、市ヶ谷にあるSKIPSという施設のセミナーにもプレゼンテーション入門という内容で参加しました。

ここは、いろいろな学習機関の後援を受けて低価格や無償でもいろいろセミナーを開催しています。
今回、「TOEIC駆け込み寺リーディング編」というのがあったので、参加してきました。

TOEIC駆け込み寺は、TOEIC攻略法のような形で、過去の問題を解いた経験から将棋の定跡のようなものを教えてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.25

誕生日には水上バス

先日の誕生日に、両国でちゃんこを食べたあとに、何をするか決めるときに。
友人の一人が、お台場行きの水上バスに乗りたいというリクエストがありました。

なぜかなと思ったところ、あの「銀河鉄道999」で有名な松本零次氏がデザインした水上バスに乗りたいからとのことです。(しかし、後から調べたところによると、松本氏の水上バス「ヒミコ」は浅草から乗るルートにしかないそうです)
<ヒミコ詳細東京都観光汽船>

それにしても、たまたま誕生日当日に乗ることになったのですが、水上バスの待合所に張ってあるチラシにびびりました。誕生日当日の人の特典で、証明書を見せれば、ペアのチケットをプレゼントしてくれるそうです。
しかも、行きだけでなく、帰りもそのチケットを申請したら使えたので、往復二人分のチケットが無料でした。

すばらしい。気分は東京都万歳でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯が折れた:オレの歯はキャベツより柔らかい?

先日、会社の健康診断を受けて、そのときに簡単な歯科検診もしてもらいました。

そのとき、歯科医に軽い虫歯と歯石があると、改めて指摘されました。
自分では、虫歯にならない限り、定期的に歯医者に行くという習慣がないので、歯石についてはうすうす気が付いていましたが、虫歯はまさかなと思いました。

で、その日の残業中に夕食を食べに大戸屋(定食屋)に行きました。そこで、定食のキャベツを噛んでいると、奥歯に近い歯に「ガリっ」と衝撃が走りました。どうも歯に異物(金属の細いもの)が入ったような感覚でした。
しかし、オフィスに戻った後に、歯に触れると、歯が3/4ほど、はがれて落ちちゃいました。

ショックでした。

その週末に、友人にキャベツを噛んでいるときに歯が折れたといったら、「キャベツより柔らかい歯なんでありえねぇー(笑)」といわれました。真相は、歯科医に行ってわかりましたが、虫歯だったそうです。しかも、他にも数ヶ所あって、虫歯だらけだったそうです。治療な日々が始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.19

誕生日に得した

今日、7月19日が誕生日の私は、友人との会食をこの日に設定して、両国でちゃんこをご馳走になりました。

場所は駅から近い季節料理ちゃんこ霧島です。

実は、ゲームに買ったご褒美なのです。
年初に友人とビジネス系で重視されている英語資格TOEICの点数競争(TOEICは点数製)で、2回受けて、点数の伸びを競うというルールです。

私は元の点数が低いのが功を奏したのか、睡眠学習の成果もあって、得点は100点近くプラスでした。

で、食べたいものをリクエストするときに、夏とはいえ、久しぶりにちゃんこが食べたくなったので、霧島のランチちゃんこを設定しました。

当日は、ハプニング発生で、賭けをしていたO君が、なぜか「もう物はお店に置いたから」「今日はみんなで楽しんできて」というメッセージをくれて、待ち合わせ場所に来ませんでした。
お店に行ったら、TOEICのスコア証明書とお金だけ置いてもう帰ってしまったそうです。
後で聞いたら、損害保険の仕事で台風の被害を算出する支援に行かなくてはならなかったそうです。

で、ちゃんこですが、おいしかったです。
すぐなくなりました。
本当にF君ご馳走様でした。

食事後は両国国技館に行って、相撲博物館とかがらがらの土俵のあるところとかを見ました。

で、その後、水上バスに乗ってお台場に行くのですが、それは後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.18

某自動車が燃えまくっていますが…

某自動車会社のリコール隠しから、新聞紙上ではその「自動車会社製の自動車が燃えた」という記事がよく目に付きます。

何で今まであまり目にしなかったのに最近頻発しているんだろう?それも某自動車会社ばっかりが多く出るのだろう?と、多少は思いましたが、この会社がどうしようもないんだろうなと、結論付けていました。

しかし、以下のような意見を目にして、目から鱗でした。

・某自動車会社の現場は、トヨタ並にしっかりしている
・駄目なのは、トップの人たちで現場の意見を握りつぶしている
・某自動車以外のメーカーでも、年間8000台は乗用車が燃える事故が発生している
・マスコミは、自動車が燃え出したというと、すぐに取材にくるけど、某自動車会社製でないとわかると、すぐに帰る
・新聞には、某自動車会社製の乗用車の火災事故ばかりが掲載される

話題のある某自動車会社の火災事故ばかり報じるメディアの姿勢にも問題があると思いますが、結局それを読む一般ピープルがそれを見て喜ぶから、日本人の国民性自体が問題なんでしょうね。

もちろん、某自動車会社には、人命にかかわる自己を放置した責任はとってほしいですが、トップの一部のエリートの人々が起こしたミスで現場の人々の生活やプライドが砕かれるのは、悲しいですね。

ですので、某自動車の社員や、販売店といわれても、あまり感情的にならないようにしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.11

映画「スチームボーイ」と「モナリザ・スマイル」を観た

7月に入ってから、映画試写会で「スチームボーイ」と「モナリザ・スマイル」を観てきました。

「スチームボーイ」は、ジャパニメーションの金字塔「AKIRA」の大友克弘の新作です。
19世紀のイギリスを舞台に、発明一家の父親、祖父が開発した蒸気を閉じ込めたすごい力の鉄球「スチームボーイ」をめぐって、その息子が活躍する話です。
野望あるアメリカの財団とイギリスの権謀術数の争いに巻き込まれ、スチームボールとそれを動力とするスチーム上が暴走し、それに対し家族や財団のちょっとわがままな令嬢とともに、活躍する話です。
声のキャストが主人公が鈴木杏、お嬢様に小西真奈美という豪華(?)なラインナップです。

スチームボーイ(STEAMBOY)公式サイト
http://www.steamboy.net/


「モナリザ・スマイル」は、保守的なアメリカ東部の大学の美術教師として赴任したジュリア・ロバーツが進歩的な教育を試みるが、保守的な大学やキルスティン・ダンストをはじめとした女学生に、ガツンとプライドを壊されつつも、自身の恋も交えつつ最後は再生するというお話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »