« 奇跡 | トップページ | 日本映画「恋は五・七・五!」は面白い »

2005.03.26

「アビエイター」を観る

アカデミー賞、最多部門受賞だけど、おいしいところは、クリント・イーストウッド×ヒラリー・スワンク×モーガン・フリーマンの「ミリオンダラー・ベイビー」に敗れた「アビエイター」。

本当は、レオ様の来日が予定されていたのに、「インファナル・アフェア」のリメイクの撮影に入っているためにキャンセルされたために、特別なプレゼントを日本の観客はもらいました。

それは、上映前のメッセージと、写真です。
今日、劇場に行ったら私も写真もらい、短いメッセージも見ました。

とはいえ、今週寝不足で、今朝も早く起きちゃったので、ネムネムワールドに入る条件はそろっていました。

この映画は、実在の大富豪で飛行士、映画制作者のハワード・ヒューズを主人公にして、レオ様がどうしても実現したかった内容だそうです。彼の設立した会社が製作しているようです。
その上で、マーティン・スコセッシ監督にオファーを出したようです。

下手をすると、アカデミー賞をゲットするために、無冠の二人が手を組んだように受け取れるのですが、すごい映画であることは確かだと思います。

飛行機にかける情熱はすごく、多額の制作費をかけた映画の飛行シーンや、自分が設計、パイロットになって最速を目指したり。で、映画撮影の途中で、パイロットが死んだという発言があって、ヒューズもパイロットやるけど、絶対隣り合わせの死だよなー、と思ったら、すごいシーンがありました。

ケイト・ベッキンセールははじめてみたのですが、「アンダーワールド」でゴシックなかっこよさに興味がありました。この中で、南部の虎なる女優を演じていました。ケイト・ブランシェットとともに、金持ちに負けない女性を演じていました。

多少寝不足で意識が飛んだのと、挫折の物語が、ちょっと消化不良を起こしました。ただ、「ギャング・オブ・ニューヨーク」でも感じましたが、現実の厳しさを鮮やかに映し出してくれますね。

|

« 奇跡 | トップページ | 日本映画「恋は五・七・五!」は面白い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました&コメント遅れてすいません。中国の青島へ行っていたもので^^;


確かに少し長い映画なので寝不足だとキツイかもしれないですね(笑) それでも私は結構楽しめたのですが^^;

投稿: yyz88 | 2005.04.11 21:28

yyz88さん、コメントありがとうございます。
青島と言うとチンタオビールが最初に思い浮かんじゃったりです。

前半は、派手なので、よく印象に残っています。後半は結構ダークな話になっちゃうので、飛び飛びになって残念でした。
でも、どんなに素敵な映画でも、睡眠不足が勝っちゃうときがあるので、この映画だから眠くなったわけじゃないんですよ。マトリックスとかでも、途中意識が遠くなるくらいです。と、言い訳です(笑)。

投稿: TINO | 2005.04.14 02:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/3451617

この記事へのトラックバック一覧です: 「アビエイター」を観る:

» アビエイター [(T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T)]
ハワード・ヒューズの映画と航空ビジネスに賭けた若き日の姿を描いた映画、アビエイター。 正直言って、3時間という上映時間は長すぎて、前半の引き込まれるような... [続きを読む]

受信: 2005.03.29 23:37

» 伝記と映画比較「アビエイター」 [独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板]
 テキサス州ヒューストンで名家に生まれたハワード・ヒューズは、 1924 年に19歳の若さで自身の帝国の基礎を築きます。 彼はもともとテキサスの裕福な家庭に生... [続きを読む]

受信: 2005.03.30 15:55

« 奇跡 | トップページ | 日本映画「恋は五・七・五!」は面白い »