« 「アビエイター」を観る | トップページ | BENNIE K(ベニーケー)のコカ・コーラCMソングが »

2005.03.27

日本映画「恋は五・七・五!」は面白い

3月中有効のミニシアター回数券を消化するために「恋は五・七・五!」を見に行きました。
本当は、知人と平日に「マシニスト」を観る予定だったんだけど、私の年度末業務付加による残業でお流れになりました。

恋は五・七・五!公式サイト

「アビエイター」で、睡魔はなくなったので、多少眩暈がしましたが、楽しく見ることが出来ました。

テーマは「俳句甲子園」。無気力な高校生が、松山で開かれる俳句の高校選手権に出る青春バンザイな話です。

まず、高校生青春ものは好きです。「スウィング・ガールズ」、「69」が最近良かったです。そのうち、DVDで「ウォーターボーイズ」と「ロボコン」を観たいと思っています。あと、実在のイベントものと考えると「のど自慢」が好きなんで、私の好みの条件にぴたりとは待っている作品ですね。

監督は、奇抜な髪型の男の子の物語「バーバー吉野」が注目された荻上直子さんです。未見ですが。

「恋は五・七・五!」は、派手さはないし、演出が一部ベタな感じがしますが、「スウィング・ガールズ」に負けないくらい楽しめました。

物語は、統廃合に巻き込まれた、名を残すために何かの大会で実績を残したい高校が舞台。
野球のシーンから始まります。甲子園を目指しますが、最後に逆転ホームランを受けて夢破れます。
そこで、負けたことの一句を読む補欠男子と、ぽっちゃりなチアリーダー、ブラスバンドと一緒にウクレレを弾いている女の子、ちょっとエッチな写真部が、この後、俳句のメンバーになります。

あらたに、目標としてあらゆる高校生の大会に出ることを目指す校長から、杉本哲太扮する国語教師に提示されたのが俳句甲子園。先ほどの4人に加え、帰国子女の素敵な女子が「俳句なんてダサい」と思いつつも、メンバーに加わります。

メンバーそれぞれ特徴あります。元チアリーダーはコンプレックスの塊だし、補欠はえなりくんのようなシンプルな顔でみんなを引っ張るようでいて実は、、、写真部はリビドーな姿勢が素敵です。大学工学部で男子とエロ話をしていたという監督のセンスが光っています。ウクレレ少女は天然で良いです。主演の関めぐみさん、かっこいいです。

後半の俳句甲子園の本番は、地味な俳句に動きを与えて楽しいです。城のシーンや二人で写真とともに壇上で俳句を発表するシーンは、グッと来ます。
そして、形式主義な俳句優等生に最初はぼろぼろになりつつも、途中から型を超えた彼らの情熱が結果となって現れる。
勝負しつつも読む句には恋の気持ちをぶつけています。

あと、ライバル高の先生島田久作が受けます。「69」のドロップキック教師、「銀のエンゼル」の妄想警官ほどのインパクトはないのですが、存在がすごいです。あと、その高校のリーダー格の高校生がいとうせいこうっぽさが、やばいくらい笑えます。
自分たちの担任杉本哲太の頼りない先生も良かったです。マドンナな高岡早紀先生も良いです。

ここで、自分の一句を作れないところが、アドリブ苦手な僕の限界です。

この監督にはもっとがんばって、いい作品をいっぱいとってほしいです。

【トラックバックさせていただいたブログ】
distan日誌:ユリオカ超特Q激しく同意です。

|

« 「アビエイター」を観る | トップページ | BENNIE K(ベニーケー)のコカ・コーラCMソングが »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

当方のブログに、コメント&トラバ、ありがとうございました。
古池高校のリーダー、いとうせいこうにも、うん、確かに似てますね♪

投稿: distan | 2005.03.27 10:30

トラバ&コメント、ありがとうございました♪
荻上監督、なかなかの人なので、機会があったら、
「バーパー吉野」も、どうぞご覧下さいね。

投稿: distan | 2005.03.27 14:10

distanさん、コメントありがとうございます。
ユリオカ超特Qは、つぼでした。
「バーバー吉野」もチェックしますね。

投稿: TINO | 2005.03.27 18:39

コメント&トラバありがとうございます。実際の俳句甲子園は、映画よりもえげつないツッコミ合戦でした。そして、勝ったのはおもしろいコメントを言って観客を笑わせたほうでしたよ。

投稿: kuunelu | 2005.04.04 12:25

kuuneluさん、
実物を見られたんですね。
ツッコミ合戦は悲しいですが、笑いを取る人が勝ちと言うのは、健康的でいいですよね。

投稿: TINO | 2005.04.05 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/3452395

この記事へのトラックバック一覧です: 日本映画「恋は五・七・五!」は面白い:

» 恋は五・七・五! [distan日誌]
タイトルから想像されるような「駄作」ではありません。観終わって、すがすがしさが残る青春コメディということでは、十分楽しめました。それにしても、タイトルは、もうち... [続きを読む]

受信: 2005.03.27 10:25

» 「恋は五・七・五!」で一句♪ [りんごの一人暮らし日記]
ずっと見たかった「恋は五・七・五!」という映画。 試写会応募しまくってやっと当選しました!!嬉しーー♪ 「バーバー吉野」の荻上直子監督なんですが、ストー... [続きを読む]

受信: 2005.03.30 10:34

» 恋は五・七・五! [きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/]
映画館に立てこもって観てきた、映画2本目。 主演の関めぐみちゃんが可愛げだったので鑑賞♪ 「恋は五・七・五!」2005年公開・邦画 監督・脚本... [続きを読む]

受信: 2005.04.01 08:20

» 恋は五・七・五! [食う寝る読む見る]
「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」に代表されるように、最近の青春物語はメジャースポーツ系から、マイナーなものを題材にするようになっている。それはなぜ... [続きを読む]

受信: 2005.04.01 17:21

» 恋は五・七・五! [シネまだん]
監督:萩上直子  出演:関めぐみ 小林きな子 蓮沼茜 細山田隆人 橋爪遼  公式サイト   6点 文系「ロボコン」、爽やかで軽やかな普通の青春  仕方なく集まった寄せ集めのダメダメ俳句部員たちが、俳句甲子園に出場…。いわば文系「ロボコン」ともいえる学園... [続きを読む]

受信: 2005.05.14 22:47

» 恋は五・七・五! 06年3本目 [猫姫じゃ]
恋は五・七・五! 文系根性ストーリー?スポ根じゃなくって、文根?いぁ、根性物語じゃないんだケド、そういう感じ。 よかったです。おもしろかった。 ま、全国高校生俳句大会で優勝するストーリーなんだケド、スポ根ものと違って、ゆるゆる、もたもた、静かに進むストーリ...... [続きを読む]

受信: 2006.01.19 17:41

« 「アビエイター」を観る | トップページ | BENNIE K(ベニーケー)のコカ・コーラCMソングが »