« 「反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパークV」を読む | トップページ | リズ・フェア / LIZ PHAIR »

2005.03.13

SOUL ASYLUMの「AFTER THE FLOOD」

10年ほど前に、テレビ朝日で放送されていたCNNの「ショウビズ・トゥデイ」。毎週、ビルボードTOP10を流していました。

この中で、アメリカの行方不明の子供たちの情報をビデオクリップに入れていたSOUL ASYLUM(ソウル・アサイラム)の「Runaway Train(ラナウェイ・トレイン)」という楽曲が紹介されました。実際に行方不明の子供が見つかったというインパクトのあるビデオクリップと、心に染み入るアメリカンなバラードが気になりました。

そして、「GRAVE DANCERS UNION」というアルバムを買ったら、オープニングの「Somebody To Shove」という曲がかっこよかったためさらにお気に入りに。(もっとも、その後のフェイバリット度では、Goo Goo Dollsのが上回ったのですが)

余談ですが、MTVでアーティストがすべてアコースティックで自己の楽曲を演奏する「アンプラグド」という企画があり、そのコンピレーションCDが発売されたときに、SOUL ASYLUMも「Somebody To Shove」で参加していました。
そのコンピCDを大学のサークルの先輩に聞かせてもらい、その人は、オープニングのエレキギターを管弦楽器に置き換えた「Somebody To Shove」がとてもお気に入りでした。ある日、気を利かせてオリジナル版を聞かせたら「こんなの違~う」といわれ笑っちゃいました。第一印象って大事ですね。最近、BON JOVIの自己の楽曲を大胆にアレンジした「THIS LEFT FEELS RIGHT」で「こんなの違~う」と思う曲がいくつかあります(笑)。

で、1月に新作CDをチェックしていたら、久しぶりにSOUL ASYLUMの名を。1997年のライブ版が今手に入る。
それが「After the Flood: Live from the Grand Forks Prom June 28, 1997」。
正直まだ聞き込めていませんが、Somebody To Shove、Runaway Train、ミザリーなどを聞き、やっぱりかっこいいと思うことしきり。
さらに、このライブは、洪水で被害にあった学校の人たちの卒業パーティーのために企画されたそうで、いい話です。

今年、新作を作るみたいな情報もあるので、今後、まだまだ活躍してほしいバンドです。

|

« 「反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパークV」を読む | トップページ | リズ・フェア / LIZ PHAIR »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/3288635

この記事へのトラックバック一覧です: SOUL ASYLUMの「AFTER THE FLOOD」:

« 「反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパークV」を読む | トップページ | リズ・フェア / LIZ PHAIR »