« TOEIC受験 | トップページ | 「50回目のファースト・キス(50 First Dates)」 »

2005.06.27

サハラ 死の砂漠を脱出せよ

「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」を見ました。

サハラ 死の砂漠を脱出せよ公式サイト

南北戦争のお宝がキーになっているということで、ちょっと「ナショナル・トレジャー」を思い出しましたが、メインの舞台がアフリカということで、サハラ砂漠の熱さを堪能することができました。

マシュー・マコノヒーと、ペネルペ・クロス以上に、スティーブ・ザーンが活躍して、アクションと喋りが面白かったかなと。

あと、「ファーゴ」とか「ブギーナイツ」、「ER」にも出ていたウイリアム・H・メイシー。普通に、頼りがいのあるおじさんを演じていて、ダメ人間じゃないじゃーん、と思いつつも、いい俳優だよなと思いました。

|

« TOEIC受験 | トップページ | 「50回目のファースト・キス(50 First Dates)」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/4723472

この記事へのトラックバック一覧です: サハラ 死の砂漠を脱出せよ:

» 映画「サハラ」 [800万円→100万円→1億円達成の株式投資術]
映画「サハラ」を見てきました。 主演は、マシューマコノヒーとベネロペクルスです。 ベネロペクルスといえば、スパニッシュ系のなかなかの美人女優で、トムクルーズと競演した [続きを読む]

受信: 2005.06.28 07:46

» サハラ [ザクとは違うのよね]
 今日は映画「サハラ」を鑑賞。  多少強引な部分もあったものの、全体としては娯楽作品として満足いく内容だった。「U−571」で初めて知ったマシュー・マコノヒーもマッチョになっていて、冒険活劇の主人公として申し分ない演技だったし、ペネロペ・クルスも相変わらず綺麗でスタイル抜群。ペネロペ観たさもこの映画を選んだ動機の一つ(結構な割合?)だったりして。{/face_ase2/}相棒のアルとの掛け合いも面白い。  荒唐無�... [続きを読む]

受信: 2005.06.30 00:17

» ★「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」 [ひらりん的映画ブログ]
無料パソコンテレビ「GyaO」のキャンペーンでもらったタダ券で見てきました。 なんてったってひらりん好みのペネロペちゃんがご出演だからねっ。 2005年製作のアクション・アドベンチャー、124分もの。 あらすじ 主人公は国立海中海洋機関(NUMA)のエージェント、ダーク・ピット(マシュー・マコノヒー)。 彼は、お宝ハンター。 アフリカで見つかった金貨が南北戦争時に莫大な財宝と共に姿を消した甲鉄艦テキ�... [続きを読む]

受信: 2005.06.30 01:03

» サハラ -死の砂漠を脱出せよ- [シアフレ.blog]
サハラ砂漠に潜む巨大な陰謀から世界の危機を救うため立ち上がる冒険家たちを描いたアクション・アドベンチャー。 クライブ・カッスラーのベストセラー冒険小説“ダーク・ピット”シリーズより、第11作『死のサハラを脱出せよ』の映画化です。 広大なサハラ砂漠を舞台に繰... [続きを読む]

受信: 2005.07.26 16:16

» サハラ 死の砂漠を脱出せよ 今年の212本目 [猫姫じゃ]
サハラ 死の砂漠を脱出せよ ダーク・ピット・シリーズ っていう小説の映画化なんですか。NUMA っていうのは、実在するアメリカの機関なのね。主人公の ダーク・ピット っていうのは、そこのエージェント。NUMAって、要するに、海底、湖底、水の下に沈んだお宝を探....... [続きを読む]

受信: 2005.10.26 22:11

» サハラ 死の砂漠を脱出せよ 今年の212本目 [猫姫じゃ]
サハラ 死の砂漠を脱出せよ ダーク・ピット・シリーズ っていう小説の映画化なんですか。NUMA っていうのは、実在するアメリカの機関なのね。主人公の ダーク・ピット っていうのは、そこのエージェント。NUMAって、要するに、海底、湖底、水の下に沈んだお宝を探....... [続きを読む]

受信: 2005.10.26 22:12

» サハラ 死の砂漠を脱出せよ - SAHARA [映画で学ぶ使えるセリフ]
サハラ -死の砂漠を脱出せよ- この映画を最初に知ったのは映画館の特報であった。そのときの印象は、「ありがちなハリウッドのアクション映画」であった。とはいえ、砂漠好き、それもこの前言ってきたサハラ砂漠が舞台ということで、見ないわけには行くまいと早速見てみた...... [続きを読む]

受信: 2005.10.31 11:12

« TOEIC受験 | トップページ | 「50回目のファースト・キス(50 First Dates)」 »