« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.28

ドンキホーテ@秋葉原

今週、プレゼントを買わなくてはならない。
でも、仕事が期末モードで、早く帰ることが難しい。

とりあえず、どんなものが買えるのかを、確認するために、深夜までやっているドンキホーテに午後10時くらいにいきました。
ブランド品は高いし、ピンと来るものはなかなかないです。

で、UFOキャッチャーみたいなので、文鎮のようなものをつったら、PS2のソフトやSWのライトセーバー、香水がもらえるそうです。500円で3回チャレンジ。

数千円つぎ込んで、最後にしようというチャレンジで見事に文鎮をつり、ブルガリのミニチュア香水セットをゲットしました。

これでプレゼントが済ませられるかどうかは、また別問題ですが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.06.27

「50回目のファースト・キス(50 First Dates)」

アダム・サンドラーとドリュー・バリモアのラブストーリー。

「50回目のファースト・キス」

事故のため、それ以降の記憶をすべて忘れて、毎日同じ日を過ごす女性。
そんな彼女に、惚れて、毎日、出会い恋に落ちようとする男性。

恋は奇跡を起こすか?

朝起きたら、今までの記憶が無くなるのに、彼女を愛し続ける、その姿勢に、すげーと思います。家族の愛は毎日同じ日を繰り返してあげることですが、彼の愛はゼロから積み重ねる。それが崩れようとも積み上げ続ける。そして、家族や友達たちの信頼も得ていく。その気持ちは彼女に届くが、だからこそ彼女のとった行動は・・・

いやー、いい映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

サハラ 死の砂漠を脱出せよ

「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」を見ました。

サハラ 死の砂漠を脱出せよ公式サイト

南北戦争のお宝がキーになっているということで、ちょっと「ナショナル・トレジャー」を思い出しましたが、メインの舞台がアフリカということで、サハラ砂漠の熱さを堪能することができました。

マシュー・マコノヒーと、ペネルペ・クロス以上に、スティーブ・ザーンが活躍して、アクションと喋りが面白かったかなと。

あと、「ファーゴ」とか「ブギーナイツ」、「ER」にも出ていたウイリアム・H・メイシー。普通に、頼りがいのあるおじさんを演じていて、ダメ人間じゃないじゃーん、と思いつつも、いい俳優だよなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2005.06.26

TOEIC受験

前回、宣言をしてから、音沙汰なし状態でしたが、6月26日の今日、TOEICを受けてきました。多分、1年ぶりのはずです。

2002年に最高点を出したときは、ハイ・テンションだったり、仕事で海外のスタッフと電話会議したりで、エックスパワーを出しまくってゲットしました。
また、昨年、その得点に近づいたときは、特に準備をしなかったのですが、シックス・センスでカバーしました。

今回は、また、ぜんぜん準備しなかったのですが、読解問題をはじめて最後までとくことができました。
その分、文法問題は後回しにして、最後に、適当に処理しました。

さて、結果はどうなるか?

【関連記事】
年内TOEIC 730点獲得宣言 (2005.05.01)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アフィリエイト

ブログを公開する人なら、当然のようにアフィリエイトを利用している人は多いと思います。

私もバリバリ出しているのでお気づきと思いますが、バナーとか、書籍、CD、DVDのリンクで、Amazon.co.jpのアフィリエイトへのリンクを多用しています。

実績は微々たる物ですが、私のブログ経由で購入していただいた方もいらっしゃって、非常に感謝です。

で、このアフィリエイトですが、自分でクリックして購入しても、実績になります。

前のこのページは、自分で買うものをリストアップするために、アフィリエイトを埋め込んだページを作っていました。

今回、同様に、注文しようと考える商品があります。
Amazon.co.jpで国内盤CD100枚が20%Offなのと、終了日は7月1日です。

MUSIC MAN SHIP」コブクロ
BENNIE Kのサンライズと同じ日にラジオで「永久にともに」を聞いて、マジに結婚式ソングにいいなと思いました。

ODYSSEY」平原綾香
テレビとかで歌がうまいので気になっていたのですが、CDを買うまでにはいきませんでしたが、この機会に買いました。

届いたら、聞いてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.22

元気玉

大学時代の友達と、鳥どり新宿南口店で飲む。

このとき、昔話に花が咲きました。

同じサークルにある先輩がいました。
その先輩はいかにも苦学生という感じで、かなり存在感のある人でした。
私が夜間の授業を受けているときに、休み時間に、その先輩が疲労困憊していました。

しばらくして、その先輩が、元気になったので、私は「どうしたんですか?」と聞いてみた。

先輩「やってはいけないことをやってしまった・・・」
私「?」
先輩「教室のみんなから少しずつ、気を吸い取ってしまった。」

私は目が点でしたが、先輩は大真面目でした。

私は、その顛末を、サークルの部屋に戻って、友人に話したら、ある人が「元気玉だ~!!」といって、当時のドラゴンボールで、主人公の孫悟空が、地球上のすべての生命から少しずつ元気をもらって強力なエネルギーの玉を相手にぶつける技「元気玉」を持っていたのに、かけました。

その話題は、「元気玉」を本気で出そうとする人がこの日本にいたということで、瞬く間に広がり、先輩の耳にも入るところになりました。私はその先輩に、「気の話は人に言う話じゃない!」と怒られてしまいました。

世に言う「元気玉事件」である。

しかし、この記事を読むと、元気玉って、犯罪になるんで、その人の気持ちも、今の僕ならわかる気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.20

西部謙司著「Game Of People アジアカップ&ユーロ2004超観戦記」ユーロ編

コンフェデレーションズカップ、ギリシャ戦に、日本が勝利を得ました。
前半から、前線でチャンスを得て、後半31分に中村の縦パスから大黒のゴールで先制し、時折ピンチはありましたが、それ以上にチャンスがあり、おおむね優位に試合を終えました。
ギリシャの出来がよくなかったので、もっと点を取れる可能性はありましたが・・・よい結果でした。

前の記事、西部謙司著「Game Of People アジアカップ&ユーロ2004超観戦記」アジアカップ編で、アジアカップを制した日本について、ジーコ監督の姿勢に注目してみました。

本書の後半は、ギリシャが優勝したユーロ2004について、複数の国を個別の章で取り上げています。アジアカップ編で日本にフォーカスを当てたのとは、タッチが異なります。

単純に、各国のユーロでの戦いをレポートしているわけではなく、各国の歴史や国民性に触れた部分、エッセイっぽい内容もあります。

・ポルトガル:静かな国民性とフェリペ監督の策士振りと決勝までの快進撃
・イングランド:サポーターと迷作「えびボクサー」から、マンネリの裏にあるドラマを描写
・オランダ:チェコとの壮絶な打ち合いの裏にある駆け引きと、監督の辛さ
・ドイツ:ドイツが強いのは心と体だと実感
・イタリア:1-0の美学は厳しい
・スペイン:名前負けしている無敵艦隊
・フランス:規格外のジダンの偉大さを痛感
・ギリシャ:92年大会のデンマークとなるのか、これからギリシャの時代が来るのか?

ユーロ編は、特定のチームにフォーカスしているわけではないので、読み応えは落ちますが、勉強になりました。
ギリシャは、現在ワールドカップ予選三位で、当初に比べて持ち直してきたので、今後、欧州王者としての意地をまた見せてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西部謙司著「Game Of People アジアカップ&ユーロ2004超観戦記」アジアカップ編

6月は欧州のシーズンオフのため、何気に代表レベルのフットボールづくしな日々であります。

ドイツワールドカップのアジア最終予選バーレーン戦、北朝鮮戦から、ワールドユース(オランダ)、コンフェデレーションズカップ。

で、ドイツ出場を世界最速で決めた日本ですが、私は鹿島アントラーズにいたころのジーコを尊敬していましたが、日本代表監督としてのジーコには、いろいろな面で疑問を抱いていました。
昨年のアジアカップは感動しましたが、突然、不慣れなフォーメーションに変えたり、メディアに正直に先発を打ち明けたり、直前合流の海外組をコンディション不良で起用したり。

で、書店で、下記の書籍を発見しました。西部謙司著「Game Of People アジアカップ&ユーロ2004超観戦記」。昨年のアジアカップとユーロ2004の観戦記です。

帯には、「ジーコ・ジャパンとヨーロッパサッカーを読み解く」とあるので、.あのアジアカップの感動を思い出しつつ、ジーコについて、プロの批評家の意見を読んでみようと思い購入しました。

前半のアジアカップ編は、日本代表が緒戦からアジアカップを掲げるまでを記したドキュメンタリーで、後半のユーロ編は各国にスポットを当て、これまでの歴史や国民性、キーとなる試合や敗因を、一部ややエッセイ風の内容で、最後はギリシャの優勝で締めています。

本書はやはり、前半のアジアカップ編が、読み応えがあります。なんといっても、日本が優勝したからいえるのかもしれませんが。
(あとがきにありますが、インターナショナルな盛り上がりから言えば、開催国ポルトガルに優勝を与えなかったギリシャと、中国に優勝を与えなかった日本は、冷や水ものとありますが・・・)

いくつかキーワードを抜き出しますが、文脈を無視しているので、誤解するかもしれません。正確には本書に目を通していただきたいです。

・コーチとしてのジーコをそれほど高く評価していない。サッカー人としての力量は非常にハイレベル。
・シュートは「落ち着いて、GKを見て、しっかりボールを見て、ベストフォームで打て」
・トルシエが"これをやりなさい"という指導で、その積み重ねによって効果を出す手法だったとすれば、ジーコは"この結果を出しなさい"と、いきなり完成図を示している。
・結果的にどう守ればいいかは誰にでも理解できるものの、細部は選手に任されている。
・控え組みの結束は、ジーコが変わったからではなく、選手が変わったから

基本的には、日本の選手の自身の判断であるべき結果を出してほしいようです。この作業がドイツまでに、うまくいけば良いのですが、取り返しがつかないようなことの無いようにしてもらいたいです。(ぜんぜん違うとは思いますが、アテネ五輪の時のような結果にはなってほしくないです)

それ以外に、気になった箇所は、

・4年前の爆発力(赤い炎)はないけれども、精神的に強い今の代表は青い炎に例えている。
・ヨルダン戦のPK戦での二人失敗した後のアレックスのやり取りを鳥肌の立つほど見事な往生際の悪さとして「息をしている限り、このチームは何かをやってくれる」
・バーレーン戦の玉田の決勝点は第三GKの土肥が足のつっている選手を教えたアドバイスの賜物。

結論として、ジーコの目指す到達点へ、選手が自身で道筋を見つけていくことで、アジアカップの成功があったし、最終予選もその積み重ねだったのかもしれません。

さて、こんばんは、コンフェデレーションカップのギリシャ対日本戦です。
ユーロ編は、試合が見終わってから、感想を書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.19

SUMMER SONG!にトラバ

以前、「映画でトラバ」という企画に参加させていただいたkeichoさんのブログで、「SUMMER SONG!でトラバ」という夏にふさわしい曲を紹介して、トラックバックする企画しています。

特に、個人的な思い入れについては触れていませんが、思いついた範囲でまとめてみました。

【アルバム】 ※画像をクリックすると、Amazon.co.jpの商品ページを表示します。

Summercamp 「Pure Juice」
バンド名もまさに夏。ハードドライヴィングなポップロックが海沿いのドライブにマッチ。
Summercamp「Pure Juice」

American Hi-Fi 「American Hi-Fi」
力強くて爽やかなロックは、夏に効きます。
American Hi-Fi 「American Hi-Fi」

Avril Lavigne 「Let Go」
アブリル・ラヴィーンの元気さが夏っぽい。
Avril Lavigne 「Let Go」

SHAKIRA 「Donde estan los ladrones?」
ラテンでポップなアルバムで、ラテン→情熱→熱い→夏というシンプルな連想ゲームで。
SHAKIRA 「Donde estan los ladrones?」


【1曲】
BENNIE K 「オアシス」
新曲のDreamlandもいいけど、こちらも爽やかな夏のドライブって感じです。

Mr.Children 「イノセントワールド」
夏といっても、梅雨の夏のイメージですが。

ゆず 「夏色」
お約束な曲でしょう。

B'z 「太陽のKOMACHI ANGEL」
訳わかんないタイトルですが、軽快なノリのよさが夏っぽいです。


まだ、いろいろあるとは思いますが、こんな感じで。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「米門」

先週、大学時代の友人と品川で会い、どこかで食事しようということになりました。

以前、誰かが、「米門」行ったらよかったと言っていたので、港南口を出てすぐのイーストワンタワーの品川店に行きました。

M A I M O N 米 門

行ってみて、自分の当初の予算を上回る価格にびびりました。確か、合コンかなんかで利用したと聞いた気がするので。多分、ご馳走してもらったんでしょう。量よりも質を重視なので、周りも年配の男性が多かった気がします。

で、恥ずかしくない程度にいくつかの料理を頼んで、アルコール二杯を頼んで、ひとり9000円ちょっとでした。
岩牡蠣がちょうどシーズンだそうで、したから二番目の値段の銚子産のを食べました。ひとつ2500円でした。
確かに、おいしいです。
他に秋田サラダや、串五本盛りを食べました。これらも、おいしいです。

さりげなく、食べなおそうかと、提案して、NTTデータのビルにある、無尽蔵というラーメン屋で、おなかをいっぱいにしました。無尽蔵では、柿のポリフェノールを含む麺が、健康にいいそうです。二人で3000円くらいでおつまみとかおにぎりを含めて、かなり頼みました。

今気がつきましたが、「かき」つながりでした。

オイスターバーといえば、同じ品川のアトレにある「グランド・セントラル・オイスター・バー&レストラン」が人気で、周りの話題にもなりますが、でも、五反田のトウキョウ オイスターバーも、値段的にも手ごろで良いなと僕は思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」プレミア試写会

6月18日、「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」のプレミア試写会で、午前10時半から東京国際フォーラムで観賞してきました。

座席引換が遅かったために2Fの上のほうになって、画面を見下ろす形になったのが辛かったですが、DLPはきれいですし、音もさすがによかったです。

内容は、新三部作の主人公アナキン・スカイウォーカーが、ダース・ベイダーになるまでを描いているということで、結末がわかっていて、暗い話です。特別、フックのあるストーリーというわけではないのですが、冒頭からスリリングなシーンの連続で、あまりおちゃらけた部分もないので、見ごたえがあります。いくつも、足りない部分や気になる部分がありますが、エピソード3と4をつなぐドラマを作るということで、そちらでカバーするのでしょう。

なんといっても、ユアン・マクレガーのオビ=ワンが、グリーバス将軍やアナキンとの戦いでかっこいいし、トレーラーでも流れる最後の言葉のシーンもぐっと来ます。

アナキンを演じるヘイデン・クリステンセンも、心の弱さや、やばさを感じさせてくれて、よかったと思います。

<Amazon.co.jpでチェック>
スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス:新三部作の幕開け。幼いアナキンがポッドレースでがんばります。
スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃:成長したアナキンとパドメの恋の行方。終盤はジェダイ達がライトセイバーをブンブンします。
スター・ウォーズ エピソード1 & 2 DVDダブルパック
スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX:旧三部作(エピソード4-6)のセット

【関連記事】
「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」の試写会招待 (2005.06.16)

【TBさせていただいた記事】
Anonymous:帝国軍兵士はファンの人なんですか? コスプレの人いっぱいいました。

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2005.06.16

「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」の試写会招待

昨日(火曜日)、帰宅すると、「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」の試写会の招待状が2通も。
ありがとうございます。テレビ東京。
18日に、東京国際フォーラムで開催されます。
以前、エピソード1が同会場でプレミア試写会したのを思い出しました。

ということで、今日、行く人を募ったところ、なかなかオッケーな人がいない。
まあ、土曜日の午前中ということで、いろいろ予定を入れているんでしょう。

【関連記事】
「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」プレミア試写会 (2005.06.19)

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005.06.13

FLOWの「DAYS」

友人から、最近はまっている曲ということで、FLOWの「DAYS」を聴かせてもらう。

→「DAYS」 (Amazon.co.jpでチェック)

僕のイメージのFLOWは、「贈る言葉」のパンキッシュなカバーに象徴されるように、ポップなパンクバンドというイメージでした。

「DAYS」を聞いてみて、歌モノっぽくなっていて、びっくりしました。その人も、今までのイメージと違うから、いいとのことです。
最初は、今までのイメージと違うので、素直にいいと言えませんでしたが、やっぱりいい曲ですね。ラップが入っている曲も好きですしね。

アルバムが出たら、買おうかなと思いました。(マキシシングル買えよ、って突っ込みもありますが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.12

ラトーナの「DOUBLE CHOCOLAT(ドゥーブルショコラ)」

土曜日、夜、大学時代の友人に飲み会を企画してもらい、せっかくなので皆さんにおみやげを探していました。

飲み会は渋谷です。午前中はニコタマでフットサルしたあとに、午後は大和市の鶴間に行き、帰りに中央林間でちょっと飲んだあとに、田園都市線で渋谷に向かいました。

一緒に、ロールケーキが買いたいという人に付き合ってもらって、地下街から東急東横FoodShowに入りました。

飲み会の席にもっていくので、セレクトする基準は、

・食べやすい量で、一つ一つセパレートされている
・食べやすい形状で、できればスプーンを使わない

そういう観点で選んだのが、ママン・ラトーナのDOUBLE CHOCOLAT(ドゥーブルショコラ)。ブラックとホワイトがあったのですが、ホワイトにしました。

商品についてる説明には、

ベルギー産の香り高い最高級チョコレートを、スポンジとサンドクリーム両方に使用しました。非遺伝子組み替えの乳牛から搾れたピュアーな牛乳のみを使った、体に優しいチョコレートケーキです。

ママン・ラトーナは、つくし野に本店があって、6月9日のリニューアルでFoodShowに出展したそうです。さすが、東急戦略で、東急線沿線のお店をピックアップしているんですね。

ママン・ラトーナ

ちなみに、同行してロールケーキを買った方のは、どこのお店のかチェックするのを忘れました。ロールケーキもいいのですが、やっぱり手軽に取り分けて食べるのがちょっと難しかったのがネックでした。

さて、実際に、ダブルチョコレートのホワイトを食べてもらったんですが、美味しいといってもらえてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.10

スペイン料理

スペイン行きをチャレンジする人のために、一度ご馳走しようということで、スペイン料理屋を探しています。

以前、私が行ったことのある「カサ・デ・フジモリ」は行ったことがあるらしく、別のお店をピックアップしてあげることに。(ちなみに、フジモリでは、当日に体調不良でほとんど食べることができなかった)

現在考えているのは、、、

カサ・パラディス・バルセロナ(渋谷)

San ishidro (渋谷)

エルカステリャーノ (渋谷)

エルカスティリャーノは、パエリア絶賛のお店として以前教えてもらったのですが、遅れる人には厳しいみたいで、必ず遅れる人がいる集まりが多いボクは、まだ行ったことないです。

他に
エル・チャテオ (銀座)
TIO DANJO (恵比寿)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BENNIE K(ベニーケー) 「Dreamland」でしょ

今週は8-9日に大阪に出張した(サッカー北朝鮮戦ライブで見れなかった...orz)ので、今日やっと、社員販売で購入したBENNIE Kの「Dreamland」をゲットして、帰宅後に、iTunesに取り込みました。

BENNIE K 「Dreamland」 (Amazon.co.jpでチェック)

01. Dreamland
02. UNITY
03. 旅人

1曲目の「Dreamland」は、コカ・コーラCMのさわやかなイメージをキープしつつ、BENNIE Kらしいヒップホップらしさをまぶし、CICOさんのラップも決まっています。CMの春のイメージから、シュワーッとした夏な感じもします。それはやっぱり「I feel Coke!」だから?

2曲目の「UNITY」は、スクラッチ入ったイントロや中盤ありますが、YUKIさんの聞かせてくれるメロディーと歌い方がいいです。

3曲目の「旅人」はスパニッシュなギターで意表を疲れますが、ジプシーっぽい感じで、これがまたいいじゃないですか。

【関連記事】
BENNIE K presents“Dreamland” 最高な七夕ライブ 2005.07.09
BENNIE K presents“Dreamland”@七夕 2005.05.12
ラジオや街中ではじめて聞いてガツンと来た曲 2005.04.23
BENNIE Kのコカ・コーラCM曲は「Dreamland」に 2005.04.16
BENNIE K(ベニーケー)のコカ・コーラCMソングが 2005.03.27
BENNIE K 「サンライズ」 2005.01.04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石田衣良の「スローグッドバイ」を読んだ

「池袋ウエストゲートパーク」シリーズや直木賞をとった「4TEEN」の石田衣良さんの恋愛短編集の「スローグッドバイ」が文庫本で出ていたので読みました。
出会いと別れ、恋する喜びや切なさを描いた10篇の短い物語。

・泣かない
  →彼氏と別れて泣かなくなった彼女に、元彼の友人が・・・
・十五分
  →秋に、ひと夏のセックスライフを思い出す大学生
・You look good to me
  →オンラインで出会った自分の容姿に自信のない彼女、そんな彼女に、、、
・フリフリ
  →偽装カップルのサインはフリフリ
・真珠のコップ
  →コールガールとライターが、最後の日に、ごく普通の素敵なことを・・・
・夢のキャッチャー
  →夢に向かって突っ走る彼女をキャッチして守り続けるつもりの彼、彼女が夢を実現したら?
・ローマンホリデー
  →時間を超えたバーチャルとリアルな心のふれあい
・ハートレス
  →セックスレスに悩む美女が吐いた言葉は「ハートレス」
・線のよろこび
  →アーティストの卵の「才能」にほれる女性が見出したポスターの作者は?
・スローグッドバイ
  →お別れデートをするカップルの一日と、そして意外な別れの真相

それぞれの作品に対して共感度はばらつきがありますが、癒される物語ばっかりです。

最近、石田さんはメディアに結構出ているみたいですが、なかなか落ち着いた時間をとれず、目にする機会がないのが残念です。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2005.06.06

気になる書籍

最近の新刊で気になるもの。

・「ぎぶそん Teen’s best selections (7)」伊藤 たかみ (著)
帯に、GUNS'N'ROSES(ガンズ・アンド・ローゼス)にあこがれて、バンド組んだみたいなことがあり、青春好き、ロック好きな食指が動きました。

・「イニシエーション・ラブ」乾 くるみ (著)
かつて、メフィスト賞受賞作で終盤の尻すぼみが気になった「Jの神話」の著者が、恋愛をモチーフにした作品を作るとは。ミステリー・リーグというシリーズなので、ミステリー要素もあるけど、基本はラブらしい。

・「明日もし彼と彼女がストーカーになったら」田中 宏昌 (著)
ひきこもりとかストーカーものが好きです。「NHKへようこそ」とか「ニッポニア・ニッポン」。そんな、風を感じさせてくれるタイトルだったので。

Amaznon.co.jpで注文してみた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

糖朝(THE SWEET DYNASTY)@日本橋高島屋

「マイ・リトル・ブライド」の試写会を竹橋で見た後に、東西線で日本橋へ。

最初、コレド日本橋で食事をしようと思いつつ、1Fまで行くエレベータに乗ると、建物の外に出たので、日本橋高島屋に移動しました。

地下二階のデパートの食堂の発展系のようなレストラン「ローズ」で、特製ローズ弁当を食べる。(ローズは、高島屋の象徴ですよね)

食べたりないので、新館の6Fの「糖朝」へ。
以前、マンゴープリンを二子玉川の高島屋でお土産に買って帰りましたが、もうひとつの目玉の「豆腐花」を注文。そして、五目粥も頼んじゃいました。

五目粥は、普通においしいですね。
豆腐花は読み方「とうふか」と思っていたら、「とうふばな」なんですね。

普通の豆腐っぽい風味でしたが、思いっきりおいしく食べちゃいました。

【関連記事】
糖朝(スイート・ダイナスティ)のマンゴープリン (2005.05.07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.05

韓国映画「マイ・リトル・ブライド」試写会で見る

5月に新宿歌舞伎町ので韓流シネマフェスティバル2005のクロージング作品にも選ばれていた「マイ・リトル・ブライド」。

余談ですが、このときのムン・グニョンさんの来日の模様が韓流ドットネットで公開されています。
『マイ・リトル・ブライド』主演 ムン・グニョン舞台挨拶 緊急動画配信!

東京ウォーカーの試写会に応募していたら当たって、竹橋の科学技術館サイエンスホールまで行きました。ここまでの道のりはキム・レウォン好きな年配の女性には辛いだろうと思えるロケーションでした。

マイ・リトル・ブライド (公式サイト)

マイリトルブライドは、ホラー映画「箪笥」の妹役のムン・グニョンと、ドラマ「屋根部屋のネコ」のキム・レウォンが、高校生1年生と24歳の大学生という口の悪い兄弟のような幼馴染が、祖父の策略によって夫婦にさせられてしまい、その後のどたばたを描いたコメディーです。

おじいさんの親友の孫との自分の孫の結婚にかける執念に唖然としつつも、楽しく進んで行き、笑える映画でした。
嫁は結婚しているのに憧れの先輩と付き合うし、夫も大学の先輩が気になっているっぽいし。そして、弟の存在が楽しい。

「箪笥」では姉役のイム・スジョンのが気になり、ムン・グニョンは内向的な感じでしたが、本作ではナチュラルなかわいさが前回でした。キム・レウォンは、見た目がレトロっぽいと思っていたのですが、スクリーンの中では、面白くて、気さくっぽくて、かっこよかったです。
グニョンちゃんがあこがれる先輩の役者は、ウォンビンを髣髴とさせて、少しサッカーの稲本っぽくて、かっこよいですね。グニョンちゃんの友達の女の子は、切れ長な美人という感じ。
途中、済洲島のシーンがありますが、海沿いの階段が「恋風恋歌」で見たシーンを思い出しました。

→箪笥 (公式サイト)(Amazon.co.jpでチェック)
→屋根部屋のネコ (日本テレビのページ)

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2005.06.04

「デンジャラス・ビューティー2」を見た

サンドラ・ブロック主演の「デンジャラス・ビューティー2」を見ました。

前作は未見なのですが、ドタバタで飽きさせない展開は、心に残るものは少ないかもしれませんが、単純に楽しめました。

終盤の舞台になる、ラスベガスに一度、行ったことがあり、トレジャー・アイランドのショーを見たことがあるので、ちょっと思い出しました。

ちなみに、先日ヨドバシカメラに行ったときに気がついたのですが、2のサントラ付の「デンジャラス・ビューティー」特別DVDが出ています。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

TINO的ヘビー・ローテーション「quake and brook」 the band apart

今、私のiPod mini blueで、アルバム単位で、ヘビー・ローテしているのが、the band apart (バンアパ)の「quake and brook」。

quake and brook (Amazon.co.jpでチェック)
the band apartとは? (はてなダイアリー)

バンアパは、2002年ごろに、お気に入りの踊れるパンク・バンド Doping Panda (ドーパン) と、対バンでイベントしていたと、教えてもらって、「Eric.W」をチェックして、フェイバリット・リストに追加されていました。このミニアルバムで、変拍子っぽい展開だけど、ロックしているのが、かっこいいと思いました。ドーパンがディスコなら、バンアパはジャズって感じ。全編、英語の歌詞です。

Eric.W (Amazon.co.jpでチェック)

で、「quake and brook」に戻りますが、

2005年5月11日発売
01. coral reef
02. my world
03. from resonance
04. M.I.Y.A
05. night light
06. forget me nots
07. violent penetration
08. higher
09. quake and brook
10. real man's back

1曲目の軽快なイントロからノリノリでおしゃれなロックが始まります。途中からの盛り上がる展開もいいです。
2曲目は落ち着いた始まりから、ジャムった盛り上がりに変わります。
3曲目はプログレっぽい感じから疾走感ある曲です。
4曲目はテンション高いテクニカルなイントロから一度落ち着いてを繰り返します。
5曲目はゆったりとした変わったテンポの曲。
6曲目は変拍子と疾走する展開が落ち着くのがいいです。
7曲目ははねるリズムにムーディーなメロディがいいです。それが一度終わってまた落ち着いた感じのエンディングです。
8曲目は以外にシンプルでおしゃれな感じ。
9曲目はタイトルトラックとして落ち着いた雄大な感じ。
10曲目はファンクっぽく、のりもよくいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「三四味屋 水の賦」ウィング高輪店

以前の会社の仲間と飲み会。
川崎方面の多忙な人の都合を考慮して、品川駅高輪口の「銘酒と四季の料理 三四味屋 水の賦 ウィング高輪店」へ。

昨年1年間品川勤務していたし、当日も朝から夕方まで取引先のオフィスの品川駅港南口にいるくらい今年も品川によく行ってているのですが、ウイング高輪はプリンスホテル新館に抜ける時くらいしか入ったことはありませんでした。

ちょっと、凝ったつくりのフロアにありました。最初間違えて、反対側のオープンなビアガーデンに行っちゃいました。

料理は、いのしし肉のしゃぶしゃぶに最後ラーメンを入れて締めました。スープがしょっぱかったけど、おいしかった。僕だけ、梅ゼリー最後の最後に頼んでましたが。
飲み物は、ざくろ紅茶というオリジナルカクテルを何度も飲んじゃいました。焼酎と紅茶が入っていた気がします。こういうのって好きです。

ダイエットの話になって、僕はノンカーボ・ダイエットしろと、散々言われました。現にこの日もラーメンめちゃくちゃ食べましたし。(ノンカーボ・ダイエットは、米やパスタなど、炭水化物を除くダイエットです)
そんなのできるわけないじゃないですか!と、心の中で力説。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.03

ビークル最高

6月1日にリキッドルーム恵比寿で、BEAT CRUSADERS(ビート・クルセイダーズ)のライブに行ってきました。
面白かっこよかったです。

ラインナップは
・SUGARHILL DOWNTOWN ORCHESTRA
・SEAMO (オフィシャル・サイト)
・TROPICAL GORILLA (オフィシャル・サイト)

SUGARHILL DOWNTOWN ORCHEDTRAは、少し会場入りに遅れ、柱の後ろから見ていたので、あまり注意深く聞けなかったのですが、ショルダーキーボードを下げた女性ボーカルが良かったです。メンバーみんな立体めがねをつけていました。昔、m-floの「EXPO EXPO」のライブで、飛び出すめがねをもらったのを思い出しました。

次に、SEAMO(元シーモネーター)は、すごい。会場を盛り上げてくれました。DJ TAICHIもかっこいい。
プロレスの入場のようなが真っ赤なガウンを脱ぐと、海パンと股間に天狗のお面。それでも、彼のラップはかっこいい。シーモネーターのテーマソング的な曲は、後ろのほうの人も手を振り上げていた。BENNIE Kの「弁慶 vs 天狗」で聞かせてくれたMCと同じしゃべり方で、良かったです。

TROPICAL GORILLAは、ガッツのあるロック。ポップさはあまりないですが、ベースの人のMCが面白かったです。

ビークルは、すごい。全曲、のれる。知らない曲も結構あったのですが、かっこいい。
以前、雑誌で変態ポップ・ロック・バンドというキャッチがあったんですが、ヒダカトオルがMCで客席に「お○んコール」させて、結構女性も叫んでいてびびりました。やっぱ、ヒダカさんも、最近は恥じらいなく言うから、こっちが引くよ見たいなことを言っていましたが。
メンバーもユニークな個性がそろっていて、人気でますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »