« 水谷修著「夜回り先生の卒業証書 春来たりなば春遠からじ」を読んだ。 | トップページ | 小川範子さん、ご結婚おめでとうございます »

2005.07.18

2005年上半期の音楽

今年は、ライブに多く行くようになったことと、iPod miniを買ったということで、久しぶりにCDを結構買いました。

で、2005年上半期(1-6月)の中で、良かったCDを。
(発売日は2005年以前のものもいくつか含みます)

【おしゃれ系】
■ コンピレーション [club jazz a la mode]
以前、知り合いがクラブ・ジャズ好きと聞いたのを思い出して、買ってみました。
ヴォーカル入りの曲がほとんどで、ブラジリアーンなポップな曲が多くていいです。(収録はブラジル以外のアーティストもいます)

club jazz a la mode


■ Def Tech [Def Tech]
ジャワイアン・レゲエでブレイクしたDef Tech。軽快なリズムと言葉が素敵です。

Def Tech


■ BENNIE K [Dreamland]
この記事では、マキシ・シングルは対象外にしようかとも思ったんですが、やっぱりお気に入りなので。

Dreamland

【ロック系】
■ ストレイテナー [TITLE]
硬いけど、心の叫びを、メロディックに圧倒的な迫力で聞かせてくれる。

TITLE

■ DOPING PANDA [High Fidelity]
ダンス色が強すぎて最初ははまらなかったけど、聞いているうちに、このノリにはまってきました。

■ ELLEGARDEN [RIOT ON THE GRILL]
ELLEGARDENらしいドライブした素敵なアルバム。唯一残念なのはマキシシングルに入っていた「The Autumn Song」が入っていないこと。

RIOT ON THE GRILL

■ Frontier Backyard [FRONTIER BACKYARD]
タワーレコードで、the band apartの新譜試聴機のコーナーに、似ている音楽性のバンドとして、紹介されていて、一発で気に入りました。ちょっと、フュージョン入ったロックでこれもかっこいいです。

■ NICOTINE [DisCovered]
ポップやロックのカバー集。選曲がいいです。英語うまい。

DisCovered

■ the band apart [quake and brook]
ジャズっぽいロックが唯一無二の音楽性を感じさせてくれます。今年の三本指に入ります。

quake and brook

■ GORILLA ATTACK [From First To Last]
今、一番気に入っているアルバムです。ロックしているけど、優しい音楽です。彼らが伝えたい言葉をわれわれに届けようという気持ちが伝わってきます。

From First To Last

|

« 水谷修著「夜回り先生の卒業証書 春来たりなば春遠からじ」を読んだ。 | トップページ | 小川範子さん、ご結婚おめでとうございます »

TINO的ベスト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/5027413

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年上半期の音楽:

« 水谷修著「夜回り先生の卒業証書 春来たりなば春遠からじ」を読んだ。 | トップページ | 小川範子さん、ご結婚おめでとうございます »