« 映画版「頭文字<イニシャル>D」 | トップページ | ループ&ループ »

2005.09.28

「バガボンド」に衝撃

昨年の大河ドラマは見なかったくせに、モーニングの「バガボンド」が連載再開してから、見逃せない。

コミックとかで読み返しているわけではないので、表面上しか見ていないかもしれませんが、吉岡一門との戦いは、やはり武蔵が出るので、勢いが違います。吉岡一門も伝七郎のために腕を切るまで付き合うのも受けますし。

吉岡清十郎との突然の真剣の戦いで、以前は圧倒的と思われた清十郎の次元上っていく武蔵。かつての優劣が逆転して、22日発売の号の結果になるというのは、びびりました。もっとも、話としては、武蔵は吉岡一門を殺しまくり全滅させるので、当然勝つのでしょうけど。

清十郎という存在のコントラストを、鮮やかに焼き付けてくれました。

兄と再会した吉岡伝七郎の、その後の振る舞い・言葉が、水と油のような兄弟の本当の関係を映していました。

|

« 映画版「頭文字<イニシャル>D」 | トップページ | ループ&ループ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/6151565

この記事へのトラックバック一覧です: 「バガボンド」に衝撃:

» バガボンド [GoodsRSS-マンガの最新情報]
沢山の人々からのリクエストにお応えしてバガボンドのブログパーツを作成しました。 ... [続きを読む]

受信: 2005.09.29 13:03

« 映画版「頭文字<イニシャル>D」 | トップページ | ループ&ループ »