« SEAMO@大阪の音楽番組 | トップページ | handful of coins /大量の500円玉 »

2005.10.20

中国武侠映画「セブンソード」

109シネマズの10月有効の劇場招待券を利用するために、仕事を7時くらいに切り上げて、東西線木場駅を下りて、深川ギャザリアの109シネマズ木場に行きました。

7時50分くらいに着いて、ちょうど20:15から、「セブンソード」が上映されるので、そちらのチケットを買いました。

結果から言うと21:00からの「この胸いっぱいの愛を」、20:50からの「チャーリーとチョコレート工場」を見たほうがよかったかもとも思いますが、見所もある映画でした。

ていうか、中国武侠が好きですし、「七人の侍」を髣髴させるような、7つの剣と剣士という設定もいいじゃないですか。

最初は特撮ヒーロー物の敵、もしくは、近未来物アクション、実写版「北斗の拳」かよと思うビジュアルに軽くショックを受けました。

さらに、ストーリーはけっこうわかりづらく、大勢のキャストのため、一部はあまり印象に残らなかったり。
多分、原作の消化がしきれていないのかもしれないです。
七剣が揃うまでが、まどろっこしい。

見所は、やっぱりアクションシーンです。そんなに派手派手しいワイヤーではないのですが、目が回るくらい楽しめますし、ドニー・イェンは、最後おいしいところを持っていきます。

せっかく20:15から見て、早く終わるかと思いましたが、2時間半たっぷりでした。本当は4時間分とっているという情報もあったので、大作物の難しさも感じました。

DVDで、完全版が出たらまたチェックしてみようと思います。

※追記
映画鑑賞中にデカイ地震があってびっくりした。それでも続く映画。びびって集中力が切れたのが残念でした。
非常ランプつくと思いましたがつかなかった。あと、東武線からケータイメールが来て、災害対策ソリューションばっちり入っているみたいでした。(仕事でそういうケータイ向けソリューションの仕事に関わっています)

|

« SEAMO@大阪の音楽番組 | トップページ | handful of coins /大量の500円玉 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/6481285

この記事へのトラックバック一覧です: 中国武侠映画「セブンソード」:

» 『セブンソード-七剣-』を鑑賞 10回目in劇場 [-武侠天下- 金庸,梁羽生的江湖]
以下には少々作品の内容について触れています 記念すべき10回目の鑑賞は劇場で観ました。もはや狂気の領域…。初回にも関わらず観客が多かったのが嬉しい。途中で泣いているおばちゃんもいた(笑) やっぱ劇場の大スクリーンで観ると迫力が全然違う!この作品を...... [続きを読む]

受信: 2005.10.20 17:54

« SEAMO@大阪の音楽番組 | トップページ | handful of coins /大量の500円玉 »