« 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア / CHAR'S COUNTERATTACK」 | トップページ | 涙! 涙!! 涙!!! 「その日のまえに」 重松 清 著 »

2006.01.15

止まない雨はなかった/遠山阿都摩著「未完成」

昨年、浜松に出張した帰りに駅ビルの書店の谷島屋で購入しました。

新幹線の中で読めるかなという厚さと、カバーに移る女性のうつむきの表情に、帯の「私はみにくい」という言葉に惹かれました。

未完成

うつ病のため過食を繰り返す自分の救いとして、心の叫びを日記として、つづったのですが、時に情緒不安定、時に何ヶ月も日記がなかったり、生々しいです。

内容は、拒食症の話から、父親、義母、祖母、男友達・恋人などとの関係をエモーショナルにつづっています。

前半の祖母と着物のエピソードは切ないです。そして、、何があっても、うつ病を贅沢病として理解してくれない父を「それでも父は父」と表現。タイトルだけその言葉を読んだら、ポジティブにも捉えられるのに、事実はどうしようもない絶望。

希望は、彼女を支えるけど生活保護を受けている従兄の献身ぶり。いろいろな男性に依存しようとするけど、常に見守っている存在。

日記と言う形式であり、物語として読むのは、構成上、辛いかもしれませんが、闘っている人の心の叫びとして、刺さってきました。
そして、最後は未完成だけれども、雨が止むことにたとえて、生きる希望を伝えてくれます。

読後に身近な知人でうつ病だった人がいて、色のなくなる世界や、離れていく友人と残る親友、死を考えるなど、本書に書いているようなことをストレートに聞き、人は見えないところで、闘っているんだなと実感しました。

|

« 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア / CHAR'S COUNTERATTACK」 | トップページ | 涙! 涙!! 涙!!! 「その日のまえに」 重松 清 著 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/7969702

この記事へのトラックバック一覧です: 止まない雨はなかった/遠山阿都摩著「未完成」:

« 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア / CHAR'S COUNTERATTACK」 | トップページ | 涙! 涙!! 涙!!! 「その日のまえに」 重松 清 著 »