« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.27

女子カーリングを題材にした映画「シムソンズ」

トリノ冬季五輪が閉幕しましたが、途中、カーリング日本代表「チーム青森」のがけっぷちからの粘りはすごかったです。
最後で力尽きましたが、健闘したのはいい話題でした。

で、たびたび目にした、彼女たちをベースにした映画「シムソンズ」という映画が公開されているというので見に行ってきました。

映画 シムソンズ 公式サイト

シムソンズは、ソルトレーク五輪に出たチームの結成直後の物語ということで、チーム青森の小野寺選手と林選手が所属していたチームだそうです。

ちなみに、カーリングは、サッカーの日本代表のように、選抜されたチームではなく、国内のチームで勝ち抜いた1チームが五輪に出場できるという仕組みにびっくりしました。

映画は、北海道常呂町で地道に暮らす3人の女子の一人が、地元のカーリングのヒーローにあこがれていただけなのに、ひょんなことからカーリングチームに入ることになり、ほかの二人を誘い、もう一人経験者でスキルはあるけど協調性がなくて別のチームを追い出された人と、ぶつかりながらも、友情をはぐくんでいくという感じです。

加藤ローサの過剰に明るい主人公のキャラクターで引っ張っていきます。キャラ的には好きじゃないけど、映画をあきさせない存在感だと思います。個人的には、農場で働く高橋真唯がいいです。藤井美菜はクールです。星井七瀬は落ち着いています。
あとは、コーチ役の大泉洋のだるい感じと、夏八木勲の渋さがいいです。

Show must go on.というわけではないですが、映画が終わっても、その後のソルトレークの彼女たちの人生があり、そして今もまた別のチームでの物語が続くというのが、リアルタイムに実感できたまさに絶妙なタイミングの映画でした。

ちょっと残念は、絶妙なタイミングという表現と矛盾しますが、もっと前に映画を見れば、カーリングの試合にもっと注意払ってみたのに、という部分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜Fマリノス対横浜FC@日産スタジアム

横浜在住の先輩に、Jリーグのプレシーズンマッチの横浜FCによる招待券を分けていただけるということで、参加してきました。

横浜Fマリノスとの試合です。

当日は、雨と言う天気予報のとおり、けっこうな雨でした。
一緒に行く人に対して、最終的な待ち合わせの連絡をしなかったため、到着が遅れ、その人を待っていたら、試合が始まってしまいました。雨の中、待ち続けました。体調悪いと言う連絡ももらったので、帰っちゃうかなーと、本気で不安になる中、連絡が来て、合流できてよかった。

かつては、カズを否定していても、ここ数年はカズをリスペクトしている友人が、カズが代表の中澤をブッちぎって、ハットトリックをしたら代表に呼ばれるかもという、淡い期待をしましたが、残念。中澤をはじめとした代表は出ないし、カズは無得点で途中で下がりました。とはいえ、ピッチをあとにするときに、歓声を浴びていました。

カズが引く前に1点失い、その後、後半に3点追加されました。大島、活躍です。

横浜FCは、守備が、ちょっと不安ですが、フリューゲルスの魂を持って、がんばってほしいです。

試合後は、ラーメン博物館に行こうという話になりましたが、かなりの待ち行列なので断念。
近くのホテルの地下に、パスタとピザの店があるので、そこで、食事して帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.26

陰陽座の「珠玉の宴」@中野サンプラザ

陰陽座という日本のヘヴィメタルバンドがいます。コンセプトは「妖怪ヘヴィメタル」。

陰陽座公式庵頁 (「陰陽座」公式ページ)

積極的に聞くことはないのですが、同じメタル仲間の先輩に2002年に彼らが参加する川崎クラブチッタのイベントに連れてってもらいました。(SABER TIGER、BLINDMAN、CONCERTO MOON、dibsなどが参加)

このとき、キャラの濃いベース/ヴォーカルの瞬火(またたび)の濃いキャラ(やや大槻ケンジ的)と、ヴォーカル黒猫の華やかさ、音作りはベーシックなメタルチックな感じで、インパクトを感じました。

で、最近だと、深夜のアニメ「バジリスク」の主題歌が「甲賀忍法帖」流れているときに、たまに聞いたりする程度でした。

そして、初ホールとなる中野サンプラザのライブに、同じ人に誘ってもらいました。

待ち合わせまで時間があるので、中野のTSUTAYAに寄ったのですが、以前はあったブック売り場が消えていて軽くショック。

で、今回は、端っこだけど、4列目という比較的よい位置でした。ぎりぎりに会場入りしたのですが、10分前とかでも行列が続いていました。

これまで、ライブハウスでやっていた人たちが、ホールで、うまくやれるかなと言うのが心配でしたが、演出やステージの組み方がよくできていて、楽しめました。MCでも言っていましたが、ライブハウスとか、ホールとかじゃないんだと言うのを実感。ちなみに今後の活動は全都道府県ライブハウスツアーだそうです。高い場所があるステージを組んだり、火を出したりとか。

彼らは、演奏がうまく、特にツインリードギターがかっこいいです。MCも受けます。アンコールのとき、曲の途中で「ちょっといい話だから、、、」と曲を止めたり。

そして、客層が若い。普通っぽい、男子女子が、ヘッドバンギングしていました。早送り的に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.13

チェン・カイコー監督「PROMISE」

チェン・カイコー監督の「さらば、わが愛/覇王別姫」という映画は、ドラマとして見ごたえのある映画でした。

その彼が、「HERO」や「セブンソード」的なアクション作品にチャレンジ。
しかも、真田広之と、チャン・ドンゴンが参加。
その映画が、「PROMISE (プロミス)」です。

PROMISE公式サイト

架空のアジアの国で行われる、愛と野望のものがたりです。

神と取引し永遠の愛と引き換えに王妃となった「傾城」にセシリア・チャン。そんな彼を愛する華鎧をまとう将軍「光明」に真田広之。俊足を誇る雪国人でありながら奴隷であり光明に使えることで奇妙な運命をたどる「昆崙」。

「LOVERS」とかを見ると、その荒唐無稽な展開と、美的感覚が、中国人の感覚なんだろうなと思うのですが、この映画は、アートやファンタジーな感覚に、「少林サッカー」や「カンフーハッスル」的なビジュアルを当てはめるので、その部分が違和感を感じるのが残念です。
そして、そのビジュアルは、チャン・ドンゴンで惜しみなく使われるのです。ちょっぴり、セシリア・チャンにも使われます。

それ以外の戦いのシーンは、いい具合に、ワイヤーアクションでかっこいいし、映像美、音楽、いい映画です。
ニコラス・ツェー扮する北の公爵「無歓」がセンスを操り、光明、昆崙と戦うシーンは見所があります。

とにかく、全体的にはボク好みの映画なのですが、あまりにもインパクトのある映像効果と演出が、逆に引いちゃう観客もいるんじゃないかなというのが、気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.05

SWITCH ON LIVE Vol.4 DREAMS COME TRUE + 上原ひろみ

SWITCH1月号をTOWER RECORDSで買うと、DREAMS COME TRUEと上原ひろみのライブの応募はがきをもらえるということで、秋葉原のTOWER RECORDSで買って、ライブの応募はがきをもらいました。

そうしたら、Vol.3のUA(ウーア)に続いて、当選しました。招待状1枚で1名でした。

で、会場はリキッドルーム恵比寿。

ぎりぎりに行ったので、会場は満員の中、後ろの1段高いゾーン。しかし、人が多くて、ステージが見づらい。

そして、開演になると、ドリカムとバックメンバー、上原ひろみが登場。スウィッチーズだそうです。

単独の演奏でなく、終始コラボ。

「うれしい!たのしい!大好き!」、「WINTER SONG」、「LOVE LOVE LOVE」や、上原ひろみの単独の演奏、吉田美和と上原ひろみ二人の「ひろみわ」なるユニットも出た。

上原ひろみは、ピアノ弾きながら「むぅむぅ」うなるから、「ムゥムゥ」と吉田美和さんは呼んでいるそうです。
それにしても、上原さんのソロはかっこいい。テレビとかでちょっと腰を浮かせながら、入っちゃいながら弾いているのを見たことあるけど、別格なんでしょうね。

あと、吉田美和はドリカムのことを呼ぶときは「ドリ」って、呼んでいました。そうなんだ。
中村さんも、かっこいいですね。

このライブを企画してくれたSWITCHに感謝です。

帰りに、今まで気になっていたラーメン屋「AFURI/阿夫利/あふり」で、ゆずしょうゆラーメンを食べました。
ゆずが効いていて、美味しかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »