« 横浜Fマリノス対横浜FC@日産スタジアム | トップページ | BUMP OF CHICKEN 2006 TOUR "run rabbit run" 3/4@国立代々木競技場第一体育館 »

2006.02.27

女子カーリングを題材にした映画「シムソンズ」

トリノ冬季五輪が閉幕しましたが、途中、カーリング日本代表「チーム青森」のがけっぷちからの粘りはすごかったです。
最後で力尽きましたが、健闘したのはいい話題でした。

で、たびたび目にした、彼女たちをベースにした映画「シムソンズ」という映画が公開されているというので見に行ってきました。

映画 シムソンズ 公式サイト

シムソンズは、ソルトレーク五輪に出たチームの結成直後の物語ということで、チーム青森の小野寺選手と林選手が所属していたチームだそうです。

ちなみに、カーリングは、サッカーの日本代表のように、選抜されたチームではなく、国内のチームで勝ち抜いた1チームが五輪に出場できるという仕組みにびっくりしました。

映画は、北海道常呂町で地道に暮らす3人の女子の一人が、地元のカーリングのヒーローにあこがれていただけなのに、ひょんなことからカーリングチームに入ることになり、ほかの二人を誘い、もう一人経験者でスキルはあるけど協調性がなくて別のチームを追い出された人と、ぶつかりながらも、友情をはぐくんでいくという感じです。

加藤ローサの過剰に明るい主人公のキャラクターで引っ張っていきます。キャラ的には好きじゃないけど、映画をあきさせない存在感だと思います。個人的には、農場で働く高橋真唯がいいです。藤井美菜はクールです。星井七瀬は落ち着いています。
あとは、コーチ役の大泉洋のだるい感じと、夏八木勲の渋さがいいです。

Show must go on.というわけではないですが、映画が終わっても、その後のソルトレークの彼女たちの人生があり、そして今もまた別のチームでの物語が続くというのが、リアルタイムに実感できたまさに絶妙なタイミングの映画でした。

ちょっと残念は、絶妙なタイミングという表現と矛盾しますが、もっと前に映画を見れば、カーリングの試合にもっと注意払ってみたのに、という部分です。

|

« 横浜Fマリノス対横浜FC@日産スタジアム | トップページ | BUMP OF CHICKEN 2006 TOUR "run rabbit run" 3/4@国立代々木競技場第一体育館 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/8864414

この記事へのトラックバック一覧です: 女子カーリングを題材にした映画「シムソンズ」:

« 横浜Fマリノス対横浜FC@日産スタジアム | トップページ | BUMP OF CHICKEN 2006 TOUR "run rabbit run" 3/4@国立代々木競技場第一体育館 »