« ART-SCHOOL TOUR '06 "フリージア"@SHIBUYA-AX | トップページ | WILLCOM WX310SA 液晶故障その後 »

2006.05.28

ポセイドン

昔、日曜映画劇場あたりで見た「ポセイドン・アドベンチャー」。

まだ、小学生くらいだったろうけど、強烈なインパクトを残した映画でした。
豪華客船が沈み、残された一部の人たちが助かるために転覆した船の底へ、上に向かって、進み、ほかの人を助けるために自分を犠牲にする神父の活躍が、かっこよかった。

そのリメイクが、「ポセイドン」。

ポセイドン 公式サイト

テンポよく、人間のドラマもあり、迫力もあり、人がいっぱい死ぬので面白いとは決して言えないけど、見ごたえのある映画でした。

やっぱり、現実にインドネシアの津波とかで、いっぱい亡くなった人がいますからね。

ジョシュ・ルーカスは、初めて、名前を覚えましたが、「ビューティフル・マインド」や「メラニーは行く!」に出ていたんですね。かっこいい。
カート・ラッセルは、「エスケープ・フロム・LA」のときに印象が残っていて、今回の強い父親役は最後のシーンとか、とても、よかったです。
エミー・ロッサムは、未見ですが、「オペラ座の怪人」のイメージを覆す、いまどきな、自分の意思を持った娘役が、よかったです。 歌は歌っていないのかな。

|

« ART-SCHOOL TOUR '06 "フリージア"@SHIBUYA-AX | トップページ | WILLCOM WX310SA 液晶故障その後 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/10270314

この記事へのトラックバック一覧です: ポセイドン:

» ポセイドン [シカゴ発 映画の精神医学]
 「ダ・ヴィンチ・コード」は期待はずれだったが、「ポセイドン」も同じくら い期待はずれであった。  「キング・コング」「オーメン」「悪魔の棲む家」「ザ・フォッグ」「要塞 警察」「ディック&ジェーン」「アルフィー」「ゲス・フー」等々。  最近のリメイクブ....... [続きを読む]

受信: 2006.06.17 14:14

« ART-SCHOOL TOUR '06 "フリージア"@SHIBUYA-AX | トップページ | WILLCOM WX310SA 液晶故障その後 »