« 「秋天の陽炎」金子達仁 | トップページ | スペシャルデイ 2006 GW 果てしなく食べる日 »

2006.05.05

RIZE@LIQUIDROOM Ebisu 2006/05/02

「RIZE」というと最近ですと、LAのアグレッシブなダンス映画「RIZE」が有名ですが、ラウドなロックバンド「RIZE」のライブに行ってきました。

RIZEとは? (Wikipedia)

初めて行ったので、以下の内容については、すでにRIZER(RIZEのファンの方々)には、すでに常識なこともあると思いますが、ご容赦ください。

ワンマンと聞いていたので、開演の七時より少し遅れて、到着したのですが、すでに演奏が聞こえていましたが、オープニングアクトのバンド「tick」が参加していました。一番後ろのバーカウンターの前で見たのですが、ソウルフルで、音楽性はRIZEとは違いますが、響くロックです。

tick

そして、RIZE。結局場所は後ろのままでしたし、変に前に行って、アグレッシブなRIZERの皆さんと盛り上がれる自信はないのでした。

RIZEの皆さんが登場して、場内盛り上がり。

「カミナリ」から始まり、かっこよく、踊れるので、みんなも動きまくっています。当日、雷なっていましたか?
さすが、雷図。

CDとかだと、正直重過ぎると思うときもあるのですが、やっぱり、生で聴くと、躍動感があり、楽しすぎる音楽ですね。

途中、「今日(5月2日)は何の日?」とJESSEが聞きます?
みんな知っているようで、hideの命日なんですね。
98年のあの日、就職活動をしていて、X Japan好きのS木君と、浜松町で、某会社の説明会に参加していて、彼はショックすぎるといっていました。
「ピンクスパイダー」をやってくれました。マッチしていました。

MCで、hideが突然いなくなるファンの空白感と、自分たちRIZEの活動休止の時の心情を合わせたときの事に触れたとき、メールの9割が非難で、1割がキャバクラからのノルマなので来てくださいという話は笑えました。

で、去年、hideの命日はもう振り切ろうといっていた本人が今年しんみり来ちゃったということでまとめ。

ずっと忘れな「hide」ね…代表曲「ピンクスパイダー」RIZEがカバー (スポーツ報知)

ベースの人は後から知りましたが、ドラムの金子統昭の弟ということで、挑発を振り乱し、TOKIEのようなウッドベースも弾いたりでした。

「NAME」は、今まで、CDで聞いた感じでは、もっとアグレッションな曲のが好きなので、積極的には聞いていませんでしたが、個人的には、この曲が一番一体感が出た盛り上がりのピークだったと思います。

「Why I'm Me」で閉め(締め?)。
やっぱり、この曲がRIZEの象徴なのでしょう。最高です。
最後に、Jesseが、ギターをドラムセットに放り投げ、ノイジーなディストーションが続く中、客席にダイブ。

アンコールはやらない一期一会なポリシーなバンドなんですね。

|

« 「秋天の陽炎」金子達仁 | トップページ | スペシャルデイ 2006 GW 果てしなく食べる日 »

ライブ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/9905659

この記事へのトラックバック一覧です: RIZE@LIQUIDROOM Ebisu 2006/05/02:

« 「秋天の陽炎」金子達仁 | トップページ | スペシャルデイ 2006 GW 果てしなく食べる日 »