« UNDERWORLD EVOLUTION(アンダーワールド:エボリューション) | トップページ | 「秋天の陽炎」金子達仁 »

2006.05.01

V FOR VENDETTA (Vフォー・ヴェンデッタ)

スターウォーズ・エピソードIII公開直後に、ナタリー・ポートマンの坊主頭がインパクトがありましたが、この作品「Vフォー・ヴェンデッタ」での撮影のためになったんですよね。

Vフォー・ヴェンデッタ

「マトリックス」のジョエル・シルヴァーと、ウォシャスキー兄弟が製作に関わっていて、迫力の爆発シーンとプチ哲学的なストーリーがあります。ていうか、政治色が濃いですね。

近未来の英国。独裁者に支配されるなか、ナタリー・ポートマン演じるイヴィーは、両親を国家に殺されていて、自分にもその手が及びつつある中、なぞの仮面の男V(ヴィー)に助けられ、Vが花火とともに爆発させる監獄を目の当たりにします。

そうして、自分の過去と、Vの過去、テレビ局の同僚や、彼女とVを操作する刑事、独裁者たちが、クロスしながら、イヴィーは真の自分に目覚め、Vが1年前にテレビ局ジャックで叫んだ最後の国民の蜂起につながっていく。

寝不足で、朝一の回で、132分の上映時間を観たので、多少意識が飛んだ部分がありましたが、ボクも立ち上がりたくなりました。

|

« UNDERWORLD EVOLUTION(アンダーワールド:エボリューション) | トップページ | 「秋天の陽炎」金子達仁 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/9838660

この記事へのトラックバック一覧です: V FOR VENDETTA (Vフォー・ヴェンデッタ):

« UNDERWORLD EVOLUTION(アンダーワールド:エボリューション) | トップページ | 「秋天の陽炎」金子達仁 »