« arp × より子 『Roland presents Design Notes Scale.1』8/26(土)@渋谷 DUO MUSIC EXCHANGE | トップページ | SEAMOと山本太郎 »

2006.09.08

サンボマスター「僕と君の全てをロックンロールと呼べ」ツアー2006 追加公演@Zepp Tokyo 8/29

サンボマスター。

昔、深夜のロック番組で、初めてパフォーマンスを見たときに強烈なインパクトがあったけど、もっとスマートなロックを好むボクは、手を出すということはありませんでした。

NHKのトップランナー見たときには、オーディエンスがけっこうリスペクトしている姿勢が見えるんだけど、ヴォーカルの山ちゃんは、「まったくもてない」と激白していました。

しかし、チケットサイトで、東京追加公演の抽選販売があり、思い切って申し込んでみたら、当選していくことになりました。

周りで、サンボマスター好きな人いるか聞いてみたら、知らない人は置いておいて、別に興味ないという人が何組かいました。自分も、そちら側人間と思いつつも、サンボマスターいいじゃんという人もいて、やっぱり好き嫌いのはっきりするバンドなのかなと思いました。

で、その追加公演は、8月29日の火曜日に、お台場のZepp Tokyoです。二日後に、もともとの最終日の公演がある中の追加公演でした。

結局当日までに、まったくCDとか買わずに、参加してみました。

オーディエンスは、男女それぞれバランスよくいて、かなり若い人も、僕よりも年上っぽい人もいて、幅広かったです。

そして、ライブ開始。思いっきり、迎え入れるオーディエンスの元気のよさに、圧倒されます。

演奏が始まると、また、さらにガンガンに腕を振る人が増え、そして、ヴォーカル&ギターの山ちゃんのパフォーマンスや、普通に歌うときにも絶叫するスタイルに、これがサンボマスターと実感。
まともに歌わないで、とにかく叫ぶ。MCでも初めて観た人に、「びっくりしたでしょ?ちゃんと歌わなくて」と言っていました。

前のめりなMCは、面白いし、オーディエンスをリスペクトする姿勢がいいです。
そして、最終日前の追加公演ということで、中途半端な位置づけであることを自分で指摘しつつも、最後のつもりで、盛り上がるといって、ハイテンションでした。

それにしても、いい曲がありますね。まあ、必ず叫ぶので、本来の輪郭が見えなくなるときもあるけど。
あと、曲が始まる前のMCは、そのタイトルに引っ掛けた話につなげて、タイトルをコールするので、そういう姿勢が良いですね。

あとは、いい悪い両方あるけど、絶叫調なしゃべりは盛り上がるけど、ちょっと語尾が聴きづらかったり、もう少し、絞って使って、効果的に使ったりとかのが、サンボマスター初心者の自分には良いかもと思ったり。

▼サンボマスター関連の書籍をセレクト

サンボマスター マスターブック
サンボマスター
メディアファクトリー (2005/01/14)
売り上げランキング: 7,064
おすすめ度の平均: 5
5 まさにサンボマスターのマスターブック
5 ロックに魂を込める!!
5 クイック・ジャパン第58号と合わせてどうぞ
サンボマスターは世界を変える
ロッキング・オン
ロッキングオン (2006/08/02)

|

« arp × より子 『Roland presents Design Notes Scale.1』8/26(土)@渋谷 DUO MUSIC EXCHANGE | トップページ | SEAMOと山本太郎 »

ライブ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/11803051

この記事へのトラックバック一覧です: サンボマスター「僕と君の全てをロックンロールと呼べ」ツアー2006 追加公演@Zepp Tokyo 8/29:

« arp × より子 『Roland presents Design Notes Scale.1』8/26(土)@渋谷 DUO MUSIC EXCHANGE | トップページ | SEAMOと山本太郎 »