« 覚悟がなければ、観てはいけない|「テキサス・チェーンソー ビギニング」 | トップページ | 差出人は「天の使い」 »

2006.11.03

映画「父親たちの星条旗」

先週、クリント・イーストウッド監督の映画「父親たちの星条旗」を見てきました。

残念なのは、前日まで出張で疲れていて、あまり眠っていなかったので、上映中寝てしまったことです。

近いうちに、再び劇場で見るか、ビデオで再度見ようと思います。

この映画は、日米双方の視点でそれぞれ描く「硫黄島二部作」の第一部です。アメリカ側の視点でみた太平洋戦争の硫黄島を巡る攻防です。

父親たちの星条旗 | 硫黄島からの手紙 (公式サイト)

個人的には、日本人なので、第二部の日本側から描いた「硫黄島からの手紙」の予告に、ぐっと来て、こちらのほうが絶対みたいなと思いました。(実際に硫黄島で、発見された、本当に日本軍兵士が書いた届かなかった手紙をモチーフにしているそうです)

「父親たちの星条旗」は、太平洋戦争の帰趨を決定付けた、硫黄島の擂鉢山のてっぺんに掲げられた星条旗と、その写真に写った兵士たちのその後を含む人生を描いた作品です。

写真に写った兵士の一人の息子が書いた書籍を元にしています。

当初5日で陥落すると米軍が見込んでいた硫黄島の熾烈な攻防。その過酷な戦いの中で、星条旗を掲げる6人の写真が撮られ、うち生き残った3人が、戦争後に政府から、国債調達のための客寄せパンダとして、全米を連れまわされ、おかしくなっていく様を描いています。

国家というものは、一個人の人生なんて、虫けら程度にしか思っていないかなと、思いました。

|

« 覚悟がなければ、観てはいけない|「テキサス・チェーンソー ビギニング」 | トップページ | 差出人は「天の使い」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/12546134

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「父親たちの星条旗」:

» 個人向け国債はじめませんか?【個人向け国債基礎知識】 [個人向け国債はじめませんか?【個人向け国債基礎知識】]
個人向け国債(財務省 郵便局 証券会社の募集 キャンペーン情報  個人向け国債の仕組みの基礎知識(利率 金利  利息 保証金 信用取引 メリット 口座開設方法) 個人向け国債について基礎からしっかり身に付けます!! 財務省 証券会社 郵便局 みずほ  キャンペーン  ニュース 募集 金利 比較 利率 口座開設 信用取引 保証金 利息 メリット 仕組み 5年... [続きを読む]

受信: 2006.11.04 21:30

« 覚悟がなければ、観てはいけない|「テキサス・チェーンソー ビギニング」 | トップページ | 差出人は「天の使い」 »