« 久しぶりに食べ放題:しゃぶしゃぶ@つきじ植むら 燔樂 品川インターシティー | トップページ | プロジェクト開始 »

2006.11.29

「地下鉄(メトロ)に乗って」

浅田次郎原作の小説「地下鉄(メトロ)に乗って」。

試写会に当選して、親に見てきてもらったのですが、決してべたほめな感想ではありませんでした

そして、@niftyのおかげで、劇場鑑賞券をいただいたので、自分でも見てきました。

確かに、いろいろ突っ込みどころのある映画で、全面的に、絶賛できる内容ではありませんでした。

もちろん、いろいろぐっと来るところもありました。

多分、小説の内容を、映画では消化し切れなかったのだと思います。

地下鉄(メトロ)に乗って 公式サイト


■主要キャスト

主人公で現代の下着メーカーの営業が堤真一。実は彼は、アパレル大企業の次男です。
そして、彼の父親が、大沢たかお。堤真一よりも若い彼が、父親役なのは、主人公が地下鉄をきっかけに、タイムスリップして、戦後、戦争中、主人公の少年時代などの、さまざまな時代で父親に会うからです。

彼らに絡む、ヒロインとして、過去は常盤貴子が、現代は岡本綾が絡んできます。

特に、岡本綾の演じる役の人が選択することは、ちょっと衝撃的ですが、彼女の落ち着いた可愛さがにじんでくる演技です。

■プラットホーム

あと、この映画の主題歌は、salyuの「プラットホーム」。小林武史の曲と、salyuの歌声が、素敵です。この映画で一番、いいのが、この曲かも・・・

岩井俊二の映画「リリイ・シュシュのすべて」の架空アーティストとして、世に出た彼女。最近は、bank band等でも活躍していますね。この映画、見ていないので、見たい。

■関連商品(Amazon.co.jp)

▼原作本

地下鉄(メトロ)に乗って
浅田 次郎
講談社
売り上げランキング: 768
おすすめ度の平均: 4.5
5 親子愛の素晴らしさ
3 砂埃に霞む時代。
4 上手いタイトルだな


▼salyuの主題歌「プラットホーム」

プラットホーム
プラットホーム
posted with amazlet on 06.12.09
Salyu Takeshi Kobayashi
トイズファクトリー (2006/11/01)
売り上げランキング: 4828
おすすめ度の平均: 5.0
5 なんと小林武史さんが歌詞を書いてます
4 さっそく買ったよ!
5 映画にぴったり

▼映画「リリイ・シュシュのすべて」のサウンドトラック

リリイ・シュシュのすべて ― オリジナル・サウンドトラック 「アラベスク」
サントラ
東芝EMI (2001/10/17)
売り上げランキング: 7041
おすすめ度の平均: 5.0
4 ドビュッシーの娘、シュシュ。
5 ひとつになる
5 LiLy

▼アーティスト「リリイ・シュシュ」のアルバム

呼吸
呼吸
posted with amazlet on 06.12.09
Shunji Iwai Miho Omasu Takeshi Kobayashi Lily Chou-Chou
東芝EMI (2001/10/17)
売り上げランキング: 1221
おすすめ度の平均: 4.5
4 他には無い作品
5 リリイ・シュシュにとらわれし者のために。
3 揺らぎ

|

« 久しぶりに食べ放題:しゃぶしゃぶ@つきじ植むら 燔樂 品川インターシティー | トップページ | プロジェクト開始 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/12852301

この記事へのトラックバック一覧です: 「地下鉄(メトロ)に乗って」:

« 久しぶりに食べ放題:しゃぶしゃぶ@つきじ植むら 燔樂 品川インターシティー | トップページ | プロジェクト開始 »