« <ネタバレあり>東野圭吾原作の映画「手紙」 | トップページ | 塩味のクッキーが食べたい:asahi.com「甘い世界の甘くない話」 »

2006.12.10

気になる映画「デート・ウィズ・ドリュー」

最近、雑誌なんかで気になる映画として「デート・ウィズ・ドリュー」があります。

奇想天外な素人系ドキュメンタリーとして「スーパーサイズ・ミー」を髣髴させてくれます。

デート・ウィズ・ドリュー

フリーターだった本作品の監督兼主演のブライアン・バーズリンガー。(貧乏だけど、映画学校を首席で卒業したという経歴の持ち主)

クイズ番組で得た賞金と、30日以内ならば、量販店で返品可能なビデオカメラを手にして、女優ドリュー・バリモアと30日以内にデートするという内容をドキュメンタリーとして、カメラに収めた作品です。

知り合いの知り合いのつてをたどり続ければ彼女と会えると信じたり、事務所に連絡したり、「チャーリーズ・エンジェル・フルスロットル」のプレミア・パーティーに偽造パスで潜入したりなど、ほぼストーカーです。

しかも、デート本番のリハーサルまで、やったりします。

監督は、「E.T.」でドリューを見て、ファンクラブまで入ったそうです。ボクは、はっきりした記憶はありませんが、このときのドリューの可憐さは、映画界のひとつの伝説のようですね。

その後の、人生の転落と、女優としての復活があり、そのような人生の明暗を持っているところも、映画のテーマにもなれるドリューの存在感を示しているんでしょうね。

そういえば、公式サイトに「デートまでの極意10か条」に、デートについて24時間集中すべし、定職についている暇はないというのは笑えました。
あと、元恋人に会うべしとあり、予告編で多分ドリューの元恋人コリー・フェルドマン(「13日の金曜日」シリーズのトミー、「スタンド・バイ・ミー」のテディー他)と話しているシーンがありましたが、監督の「彼女に近づくには?」という質問に、コリーの「まず君は少しブキミだよ」という笑えるせりふも。

恋と仕事は同じ情熱を傾けるべきと会社の先輩からありがたいお言葉をかつていただきました。まさに、それを実現しているこの監督には、リスペクトをささげます。

ボクも、がんばろう。

|

« <ネタバレあり>東野圭吾原作の映画「手紙」 | トップページ | 塩味のクッキーが食べたい:asahi.com「甘い世界の甘くない話」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/13003231

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる映画「デート・ウィズ・ドリュー」:

» 【最安値】SDビデオカメラ [SDR-S200・パナソニック] [最安値.com]
現在の最安値69,003円 最新ランキング... [続きを読む]

受信: 2006.12.13 18:39

» スクリーム〈劇場版/ディレクターズカット版〉 |ウェス・クレイヴン [DVD MANIA]
スクリーム〈劇場版/ディレクターズカット版〉出演:ジェネオン エンタテインメント発売日 1998-12-23 [続きを読む]

受信: 2006.12.15 13:54

» デート・ウィズ・ドリュー [ショウビズ インフォメーション]
ドリュー・バリモアにあこがれる普通の男が、デートするために奔走し、 その過程をビデオに収めたドキュメンタリー。 ドリューを愛する主人公として登場し、無謀なチャレンジを繰り広げるのは ブライアン・ハーズリ... [続きを読む]

受信: 2006.12.24 15:27

» デート・ウィズ・ドリュー [ショウビズ インフォメーション]
ドリュー・バリモアにあこがれる普通の男が、デートするために奔走し、 その過程をビデオに収めたドキュメンタリー。 ドリューを愛する主人公として登場し、無謀なチャレンジを繰り広げるのは ブライアン・ハーズリ... [続きを読む]

受信: 2006.12.24 16:43

« <ネタバレあり>東野圭吾原作の映画「手紙」 | トップページ | 塩味のクッキーが食べたい:asahi.com「甘い世界の甘くない話」 »