« 営業の人はがんばっているんです | トップページ | デジカメ用語 »

2007.12.29

5000円ランチ伝説@銀座みかわや

会社の制度で、異なる部署の交流を促進するために、懇親会やイベントなどを行う場合に、一部制限がありますが、一人最大5000円の補助が出るプログラムがあります。

12月末が年度末で、その年の申請が締め切られるために、師走の中、急いで、事前申請をしました。

年度末で仕事が忙しいため、夜のイベントではなく、ランチイベントとすることを決めて、じゃあ、5000円で食べられるところはと探したところ、寿司ならばけっこう5000円があったのですが、魚介類が食べられない人がいたので、却下。

そして、ザガットレストランサーベイを持っている人に見せてもらって探したのが、「銀座 みかわや」。

RIMG0012

もともとはフランス料理として出発して、現在は洋食として、有名なお店のようです。

12月はランチが通常5,250円が10,000円なのですが、アラカルトで頼めば5000円になるだろうということで、遺産で行きました。

ちなみに、ステーキ好きのボクは事前にお店のホームページでサーロインステーキで8,400円するということで、超えた分は自腹ですが、これにしようか迷っていました。

さて、ここで登場するのが、○○○さん。

この人は、自腹を捻出しなくてはならない会社の飲み会とか、夜の食事の誘いは、いつも、あいまいに答え、絶対来ないのですが、会社のイベントや、取引先のイベントなどで、タダ飯には、必ず活躍します。

ちなみに、ランチも必ず食パンや、お手製の団子パンのようなもののみを食して、外出することはありません。

今回、5000円まで補助が出るということで、彼は絶対に、予算を超えることはないだろうと、予想していました。

案の定、他のメンバーが午前の仕事があるので、ぎりぎりにタクシーで銀座に向かう中、彼は一足早く電車でお店に向かい、みんなが着くころには、一人でメニューを見ていました。

そして、彼が頼んだのが、この構成。

・ハンバーグステーク :2,415円
・ポタージュ:1,575円
・ライス:472円
・サービス料(10%):446円
→合計:4,908円

若干、5,000円までは、余裕はありますが、予算円以内に収めるという意味では、何万通りもある組み合わせの中から、出したベストプラクティスですね。

ちなみに、彼は、ご飯のお代わりが無料かどうかをしきりに気にして、付け合せの漬物を他の人の余った分まで、最後まで食べ続け、別の人のハヤシライスの付け合せに出た、ラッキョと漬物を、最後自分の席に持ってきて、全部食べてしまいました。(これって、決して、全部食べるものではないと思うのですが、、、)

愛すべきキャラです。

さて、自分は、ステーキはあきらめましたが、ビーフカツレツとライス、予算をかなり超えますが、ケーキも頼みました。

・ビーフカツレット:4,515円
・ライス:472円
・チーズケーキ:945円
・サービス料:593円
→合計:6,525円

ビーフカツレツは、ステーキ並みに相当美味しかったです。

予算的なものもあり、自分で、このお店を利用するかどうかは、なかなか限られると思いますが、銀座という立地と雰囲気プラス丁寧な作り方で、このお店でのたまの食事もありだと思います。

RIMG0010

RIMG0011


RIMG0015

RIMG0018

RIMG0017

|

« 営業の人はがんばっているんです | トップページ | デジカメ用語 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/17690642

この記事へのトラックバック一覧です: 5000円ランチ伝説@銀座みかわや:

« 営業の人はがんばっているんです | トップページ | デジカメ用語 »