« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.27

永作博美さんのトークショー(with 映画「人のセックスを笑うな」監督井口氏)&サイン会

先日、予告していたとおり、永作博美さんの丸善丸の内本店で開催されたトークショーに行ってきました。

「人のセックスを笑うな」主演女優の永作博美さんの著作刊行記念トークショー(監督も参加)に行く予定 (2008.01.13)

リトルモアから刊行された永作さんの10年間の書き溜めたものを集めた「やうやう」の発売記念です。

やうやう 永作博美
やうやう 永作博美
posted with amazlet on 08.01.27
永作 博美
リトル・モア (2008/01/17)
売り上げランキング: 120

先週公開された山崎ナオコーラ原作の「人のセックスを笑うな」の監督が井口さんで、主演女優が永作さんです。

・女優・永作博美 ×映画監督・井口奈己

人のセックスを笑うな公式サイト

原作の「人のセックスを笑うな」は、タイトルと著者の名前のインパクトと、直木賞受賞で話題になりましたが、未読です。文庫なので、読んでみようと思います。

人のセックスを笑うな (河出文庫)
山崎 ナオコーラ
河出書房新社 (2006/10/05)
売り上げランキング: 323
おすすめ度の平均: 3.5
4 浮遊感
4 ちょっとチクチクしたくなったら読む本
4 笑わないで


19:00開場、19:30開始で、19:15くらいに行きましたら、前から3/4位の席です。
僕の後ろの小さい女の子がいて、永作さんたちが見えないで、かわいそうでしたが、最後のサイン会では、コミュニケーションできていました。

参加者は、女性は年齢の幅広くいて、男性は結構会社帰りっぽい人が多かったです。

永作さんと、井口監督が登場しました。

永作さんは、はっとする青い衣装が似合いナチュラルな美しさを発揮していました。井口さんは、普段メイクをしないそうですが、永作さんのスタイリストが見かねて眉を整えてくれたそうです(笑)。

初めてお目にかかる永作さんは、笑顔の素敵な人でした。また、井口さんは、映画監督と思えない、親しみやすい感じの人です。

永作さんが、「普通の映画の現場は、せかされるのに、そんな感じがしないいい雰囲気でした」見たいなことを行ったら、本当は「そんなことは本当はなくて、あせっていた(笑)」みたいな事を暴露していました。

井口監督が、格闘技好きなところから、「やうやう」の格闘技から見た部分のいっぺんが話題になっていました。

「やうやう」は、装丁の人の表紙や色使いが、永作さんのイメージとマッチしたそうです。ちなみに、永作さんの写真が中に入っていて、結構いいんですけど、彼女はもっと写真を増やしたかったそうです。

終盤は映画「人のセックスを笑うな」のメイキングを流してくれました。松山ケンイチ、青井優、忍成修吾などのコメントもありました。カメオ出演の市川実和子、藤田陽子、MariMari(主題歌のシンガー)なども、登場。

温水洋一さんは、永作さんいわく本当の変態だそうです。

で、時間が押してきて、サイン会へ。

名前や、メッセージなしとの注意が出て、初めて、「ためがき」という言葉を知りました。その人のために書く内容だから、「ため書き」というのでしょう。

最初のころは、握手できている人たちがいて、永作さんも笑顔で応じてくれていたのですが、途中で握手も「今回なし」に追加されました。握手できた人がうらやましい。

自分の番では、あっさり、「ありがとうございました」で終わってしまいましたが、間近で見ても、素敵でした。
誰かが、韓国映画「私の頭の中の消しゴム」の元になった「Pure Soul ~君が僕を忘れても~」の話をしていたように聞こえました。

まだ、サインもらっていない人が残っていて、サインをもらった人も開場に何割か残っていたのですが、多分、丸善の営業終了の9時を超える段階になって、残っている人も帰ってくださいというアナウンスが出ました。

まあ、運営側の都合を考えると、しょうがないし、トークショーやサイン会を開いてもらえるだけでも、ありがたいですね。よいイベントに出れてよかったです。

映画、観に行こうかなと、思いました。

帰りは、M&C Cafeでカレーライスを食べて帰ろうと思いましたが、ここも9時終了なんですね。

しょうがないので、カレーうどんの古奈屋で、特大車えび天カレーうどんを食べて帰りました。先週くらいにも、海老天カレーうどんを食べましたが、ついつい食べたくなるお店です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.01.25

丸善の「ハヤシライス」ではなくて「早矢仕ライス」なんです

先日、会社の人たちと、丸の内オアゾ(OAZO)に行ったときに、丸善にM&C CAFEというカフェ・レストランがあり、ハヤシライスが一押しらしいことを知りました。

そのときは、すでに食事してきたので、スルーしましたが、某日曜日に、一人で、オアゾに来たときに、夕食をどうしようかというときに、M&C Cafeに行こうと思いました。

エムシーカフェ ~丸の内オアゾ(oazo)~ (ぐるなび)

丸の内オアゾ(丸善 丸の内本店)の4Fです。実は、カフェ・ド・クレアが、運営しているようですね。

▼店頭(写真はすべて、RICOH Caplio R6です)

RIMG0153

さて、ハヤシライスがメインの店とはいえ、実は、ハヤシライスはこれまで好きではありませんでした。

カレーライスと比べて、パンチがない感じで、あのさらっとしたソースをライスに載せても、食べ応えがなかったからです。
多分、小さいときに、あのソースはハンバーグに乗っているソースというふうに捉え、子供のときはご飯とおかずは別々に食べるという意識が強く、ハンバーグのソースとご飯を一緒に食べるなんて、信じられないという、イメージが強かったんでしょうね。
ちなみに、最初から、ご飯と一緒に食べるもの(カレーライス、ふりかけ、ご飯ですよ等)は、食べられたんですけどね。

このときも、サーロインステーキ・カレーライスを食べるつもりでした。

しかし、店頭で、ハヤシライスは実は、丸善創業者の「早矢仕有的」氏が考案したという情報を得て、さらに、ハヤシライスが「早矢仕ライス」と記されているのを見て、サーロインステーキ・早矢仕ライスをオーダーしました。

RIMG0145

ちなみに、サラダセットとコーンポタージュも頼みました。

サラダセットのドリンクはオレンジジュースにしました。

RIMG0146

そして、ポタージュがまたうまい。すぐに飲んじゃいました(笑)。

RIMG0147

そして、サーロインステーキ・早矢仕ライス。ステーキが、いい感じに焼けています。

RIMG0149

このステーキがまず、美味しかったです。

RIMG0151

そして、早矢仕ライス。ハヤシのソースが、確かに、デミグラスな感じですが、コクがあり、ステーキともあわせると、満足度を感じつつ、食べることができました。

次回は、カレーライスを食べてみようと思いますが、丸善に来たら、また、エムシーカフェに来てみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.17

OLYMPUS E-510で神田明神を撮った

先日の湯島聖堂に続いて、近くの神田明神で、E-510で写真を撮りました。

レンズはすべて、OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5です。

P1137950

P1137952

P1137956

P1137958

P1137962

P1137965

P1137970

P1137974

P1137978

P1137980

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.14

OLYMPUS E-510で湯島聖堂を撮った

先日、仕事始めのお参りで、神田大明神に会社の人と行きました。

そして、三連休に、秋葉原に行ったときに、昔(多分2004年)、何度か行って好きだった化学調味料を使わない(無化調)のラーメン屋「ラーメン創房 玄」に行ってみようと思いましたが、すでに閉店していました。

当時、店主が書いているフリーペーパーのようなチラシか、ホームページで、玄の味と異なる弟子のお店を破門したような情報を見て、無化調の理想のために、衝突も多いのかなと思っていましたが、店主の田中玄さんのブログを見ると、いろいろあったようです。昌平橋のお店2005年11月には閉店していました。

とはいえ、秋葉原で、また活動を予定しているそうです。

ラーメン創房玄(Cyber Ramen Shop):ブログです。他にYahoo!ブログもあります。

食材工房 玄:現在の田中玄氏お仕事のページです。

話はずれましたが、その後、湯島聖堂に寄りました。

学問の神様の湯島天神との関係は?と思いつつ、孔子を祀っているということを銅像から知りました。

湯島聖堂 - Wikipedia
史跡湯島聖堂 財団法人斯文会 - 湯島聖堂の管理団体

さて、そんな、湯島聖堂をE-510で撮ってみました。最初は、レンズキットの標準ズーム14-45mm F3.5-5.6で撮っていましたが、途中から、広角で撮りたくなって、11-22mm F2.8-3.5に変えています。

まだまだ露出や調光などに手間取っております。中心の測光を多く利用したはずです。

一部、空の色が青々としていいます。有名なオリンパスブルーは、E-410、E-510では弱くなっていると価格.comで読んだ気もしますが、結構、青が出ていてうれしくなっちゃいました。

P1137889

P1137895

P1137904

P1137914

P1137915

P1137917

P1137920

P1137922

P1137926

P1137928

P1137930

P1137934

P1137936

P1137940

P1137941

P1137943

P1137946

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5

E-510ダブルズームキット以外に、初めて購入したレンズです。

ハイ・グレード・クラス(松竹梅で「竹」)の広角レンズです。

室内で明るいレンズが欲しいということで、勧められたのが、このレンズです。

広角22mm(35mm換算)なので、狭い場所でも、困らないとのことでした。F2.8-3.5と、キットレンズよりも明るいですし。

ただ、室内で内蔵フラッシュを利用すると、フラッシュによるケラレが発生して、半円状の影ができてしまっていました。

※ケラレ:レンズの特性(35ミリ用のレンズをデジタルで利用して、フードが映りこむなど)によって、写真の四隅がかけてしまったりすることだそうです。

そのため、現時点では、内蔵フラッシュは止めて撮影しようと思います。

11-22mm F2.8-3.5|交換レンズ|デジタル一眼レフカメラ|オリンパスイメージング

価格.com オリンパス ズイコーデジタル 11-22mm F2.8-3.5

購入は、Amazon.co.jpで行いました。ケンコーのプロテクターとセットで購入しました。

注文後の決済で、ちょっと問題が生じて、コールセンターに電話してもらいました。以前は、Webのフォームからしか質問できなかった気がしますが、今は電話番号を入れて、その後、Amazon.co.jpのコールセンターから電話がかかってくる形になっています。

ただ、Amazon.co.jpは、ドライな部分もあるので、融通がよりきくサイトや、お店で買うのがいいと思う人がいるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しんぼにも登場した「鳥つね」で、鳥料理と親子丼を食べる

同僚で、炭焼きが好きな人がいます。

不自然なくらい好きなんです。

自宅で炭焼きをしているそうです。

お土産で炭キャンディをもらいました。炭がきつい部分もあるので、毎日食べたいとは僕は思いませんでしたが、その人は、毎日でも食べたいとのことです。

で、その人が、美味しんぼの総集編を買って、鶏肉の上から、焼き上げる、お店の話を何度もするのです。そのお店は、炭焼きではないけど、上から鳥を熱するから、通常炭で焼くと鳥の脂が炭で焦げて、鶏肉ににおいがつくようなことがないから、やわらかくて、おいしいとのことでした。

そのお店とは「鳥つね」で、湯島天神に本店があり、末広町に親子丼を出すお店があるそうです。

さらに調べると、秋葉原駅前の秋葉原UDXの中のAKIBA-ICHIというレストラン街にもあるそうです。

勢いで、「鳥つね」に行ってきました。

鳥つね(アキバ・イチ | AKIBA ICHI)

席が25席しかないので、到着後は4人で行ったら別々の席になりましたが、途中から、カウンターで4人まとまりました。

普通の親子丼は1,500円ですが、親子丼焼鳥セット(3,500円)を頼みました。焼き鳥は、砂肝、手羽先、皮です。

RIMG0800

そして、名古屋コーチンの地鶏塩焼も頼みました。

焼き鳥は、確かに、匂いがない。そして、やわらかい。

親子丼は、卵が最高で、鶏肉もやはりやわらかい。

人形町の「玉ひで」も親子丼が有名で、やわらかくて、美味しいですが、ランチはかなり並びますし、夜も結構なお値段です。ここの「鳥つね」は、帰り道ですし、カウンターだったら、一人でもいけそうな気がします。

ちなみに、親子丼は、玉ひでが、すっきりまとまった上品な感じで、鳥つねが、ややワイルドな感じです。でも、どっちも美味しいです。

RIMG0807

RIMG0805

RIMG0804

RIMG0801

RIMG0808

ちなみに、カメラは、RICOH(リコー)のCaplio R6を使っていますが、マクロが優れていて、料理の撮影には便利です。
室内ですと、暗さに弱いのとフラッシュが強すぎるのが、弱点ですが、7倍ズームは特に屋外でいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.13

「人のセックスを笑うな」主演女優の永作博美さんの著作刊行記念トークショー(監督も参加)に行く予定

先日、トキア(TOKIA)にあるインディアンカレーに誘われました。

特長あるカレーでインパクトがありました。最初は甘いのに、辛くなる、でもスプーンがとまらない。たまに食べに行きたくなる感じでした。

その後、同行者を強引に丸の内オアゾに移動させて、ドゥバイヨルで、アイスとチョコを食べました。時間のあるときに、このときの写真をアップしようと思います。

で、丸善に行って、サインコーナーを見ると、アントニオ猪木氏と、永作博美さん、年収10倍の勝間和代さんなどが、いました。レジェンドであるアントニオ猪木氏の握手回は、ビンタが飛びそうで、しり込みしてしまいました。

そこで、永遠のアイドル永作博美さんのトークショーへ。主演する山崎ナオコーラ原作の「人のセックスを笑うな」の井口奈己監督とのトークショーです。

永作博美さん・井口奈己さんトークショー

整理券をゲットできたので、25日が楽しみです。

以下はイベント対象の書籍です。すでに、丸善さんでのチケット配布は終了しています。

▼イベント対象の永作博美さんの著書「やうやう」

やうやう 永作博美
やうやう 永作博美
posted with amazlet on 08.01.13
永作 博美
リトル・モア (2008/01/17)
売り上げランキング: 6799

▼アントニオ猪木氏の365日猪木の言葉が楽しめる「猪木語録 元気ですか!一日一叫び」

猪木語録 元気ですか!一日一叫び!
アントニオ 猪木
扶桑社 (2007/12/22)
売り上げランキング: 12629
おすすめ度の平均: 4.0
4 元気と勇気を貰おう

▼マッキンゼーなどで活躍した勝間和代さんの自分をグーグル化するノウハウを公開した「効率が10倍アップする新・知的生産術」

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
勝間 和代
ダイヤモンド社 (2007/12/14)
売り上げランキング: 4
おすすめ度の平均: 4.5
4 総集編+α?
3 両津勘吉VS勝間和代氏
5 著者のノウハウが惜しげもなく書かれている。

ついでに、「人のセックスを笑うな」の原作本です。

▼文庫本

人のセックスを笑うな (河出文庫)
山崎 ナオコーラ
河出書房新社 (2006/10/05)
売り上げランキング: 2593
おすすめ度の平均: 3.5
4 ちょっとチクチクしたくなったら読む本
4 笑わないで
2 だから?

▼単行本

人のセックスを笑うな
山崎 ナオコーラ
河出書房新社 (2004/11/20)
売り上げランキング: 676
おすすめ度の平均: 3.5
5 忘れられない言葉がいっぱい。
5 タイトルについて
3 タイトルと内容がイマイチ繋がっていない

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.01.07

オリンパス「E-510」

オリンパス「E-510」関連の情報をまとめて起きます。

E-510:メーカー製品ページ

ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens:レンズキット付属

ZUIKO DIGITAL ED 40-150mmF4.0-5.6 lens:ダブルズームキット付属

価格.com「E-510 ボディ」:レビューや口コミが参考になります

価格.com「E-510 ダブルズームキット」:実際の購入は、ダブルズームの口コミやレビューを参考にしました。

価格.com「E-510 レンズキット」:あまり情報量は多くないですが、レンズキットのページもあります。

ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5:キットレンズ以外の一つ目の交換レンズとして購入したハイ・グレード・クラス(松竹梅で「竹」)の広角レンズです。

Amazon.co.jpの「ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5」:1月7日時点で「\72,680」とにヨドバシカメラなどのポイント還元分を考慮しても安かったのでAmazonでポチっと買いました。年末なのに、在庫があればすぐに届きました。

【レビュー記事】
マイコミジャーナルオリンパス E-510 実写インプレッション:ノイズフィルターは「弱」か「OFF」が良いようです。

【週刊アスキー連動】WAM Photo実写速報 第7回 オリンパス『E-510』

デジタル一眼レフ レビュー:E-510


【伊達淳一のデジタルでいこう!】オリンパスE-510 量産試作機実写速報 ~超望遠レンズで試したい手ブレ補正機能搭載機

【新製品レビュー】オリンパス E-510 ~E-410ユーザーが感じた「ちょっと口惜しい」機能とは

【特別企画】オリンパスE-510で撮るアルル

気になるデジカメ長期リアルタイムレポートバックナンバー(E-510)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.05

カメラ用グッズ リンク集

■ARTISAN & ARTIST

ARTISAN & ARTIST:カメラアクセサリー&バッグ

インプレス、アルティザン&アーティストとの共同開発ストラップ(2007/12/05):『デジタルカメラマガジン』の企画により生まれたオリジナル商品で、長さの調節がワンタッチでできます。

■Lowepro

Lowepro米国サイト
ハクバ写真産業のLoweproサイト:日本国内の代理店

Loweproは、ワンショルダーのスリングショットシリーズが、やっぱりいいですね。
ただ、ノートPCが入らない構造ですね。
ノートPCを入れるようなことはほとんどないとは思いますが。

デジカメウォッチ デジカメアイテム丼 ロープロ「スリングショット300AW」 ~背負ったまま機材が出し入れできるリュック
KATA「R-103」

■KATA

KATA
KATA:日本語カタログ

ボーゲンイメージング:日本国内の代理店

デジカメウォッチ デジカメアイテム丼 KATA「R-103」 近未来デザインのユニークなカメラ用バックパック

■クランプラー

クランプラー:国内の代理店銀一が運営するページ



■FoxFire

FoxFire:フォトレック


CAPAネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.04

デジカメ用語

デジカメの雑誌などを読んで、最近ようやく、カメラで使う用語について、触れる機会が増えてきましたがいまいち理解できていません。

露出 (写真) -Wikipedia


絞り (光学) -Wikipedia


被写界深度 -Wikipedia


F値 -Wikipedia


画角 -Wikipedia


写真教室 WEB版(カメラのキタムラ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »