« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008.06.30

J1 鹿島アントラーズ vs 名古屋グランパス @瑞穂陸上競技場

6月28日、鹿島アントラーズのゲーム観戦のために、名古屋まで行ってきました。

開始前、中日ドラゴンズのドアラと、グランパスくんJrのPK対決。
過去は引き分けだったそうですが、今回はドアラの勝利。あっちのが動きやすいとはい、グランパスファンの前で空気を読まないドアラは最高です。

試合は、鹿島がマルキーニョスにより先制しました。グランパスのオフサイドや玉田のPK失敗や、何度か曽我端のファインプレーで、脅かされる回数も多かったですが、小笠原や途中出場で活躍するダニーロのミドルなどで、4対0の大勝でした。

元鹿島の深井選手、先発で鹿島サポにブーイングを受けつつも、頑張っていました。

次回、27日の鹿島スタジアムの浦和レッズ戦を観戦予定です。

3年前に見たときは、鹿島が2点リードしたにもかかわらず、追いつかれて、引き分けられました。
今年のアウェイは、永井にやられたので、ホームでリベンジして欲しいです。

▼北京オリンピック代表の内田篤人選手
P6288452

▼小笠原選手
P6288456

▼ピクシーことストイコビッチ監督、95年の国立の鹿島戦は彼の活躍で快勝を目の当たりにしました
P6288473

▼ダニーロ選手の得点を祝う鹿島選手(手前の赤ユニは400試合出場、100得点の藤田選手)
P6288598

▼2得点と大活躍のマルキーニョス選手
P6288642

▼勝どきをあげる鹿島サポーター
P6288655

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.27

群馬特産 チャーシュー弁当

仕事で伊勢崎に行ったときに、途中で高崎駅に寄りました。

高崎といえば、だるま弁当ですが、以前、復刻だるま弁当を食べたこともあり、今回、駅弁屋さんで買ったのが、チャーシュー弁当。

DSCF0401

榛名ポークを使用とのことです。

お値段800円でした。

蓋を開けると、ご飯の上にチャーシューが6枚載っています。

そして、まいたけのわさび和えと焼豚のしぐれ煮、しょうがに漬物。

DSCF0402

DSCF0403

チャーシューは、脂っこくないので、こってりしたのが好きな人には物足りないかもしれませんが、ご飯に合います。

また、しぐれ煮が美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.23

WILLCOM 03をみてきた

昨年末に、二年契約で、ウィルコムのアドエスことAdvanced W-ZERO3[es]を入手しましたが、新作の「WILLCOM 03」は、タッチ式のダイヤルは微妙に思ったけど、ワンセグ付をうらやましいと思っていました。

そして、日曜日に、ヨドバシカメラAkibaに行ったら、体験できるコーナーがありました。ワンセグよりも、そのタッチキーが面白かったです。

iPod Touch(iPhone)ライクのタッチキーが、十字キーだったのが、通話ボタンを押すと、数字キーに早代わり。このとき、通話や切断のボタンは上のほうの画面に移動するということで、利用できるボタンに制限はないです。

そして、デモ機の設定では、タッチするたびにバイブレーションが入るので、クリック感がなくでも、ボタンを押した感がわかります。

それ以外の設定は、ワンセグくらいしか見ませんでしたが、トップ画面に相当するToday画面は、当たり前かもしれませんが、アドエスと変わらない感じですね。

自分が03にする場合は、Wバリューセレクトの割引がなくなり、割賦販売の残りの期間分を払わなくてはならないのです。少なくとも、残りの割賦販売の合計が、本体価格よりも少なくなるか、03が末期で、Wバリューで実質本体無料に近くなるまでは、我慢するしかないかなという状況です。

DSCF0393

DSCF0394

WILLCOM|WILLCOM 03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.21

衝撃の天丼「うおたか」

前回、水戸、日立に行った日記を書きました。

大学時代の友人との再会と、相方さんが、我々をもてなすために、お奨めのお店を二種類用意してくれていました。

・肉(ステーキ?)のボリュームがすごいお店
・海鮮がすごい店

どっちもすごい店らしくて、満腹くん系のボクにチョイスを振られました。

みんなは、肉のお店を選ぶと思い込んでいたようですが、ボクは海鮮の店をチョイス。

意外に、魚系も好きなワタシです。

で、このお店は、予約ができないということで、19時前に行きました。

お店は、「磯茶屋 うおたか」です。

P6147255

しかし、すっごい混んでいて、待ち時間がすごいです。

P6147256

幸い待っている間は、昔話に花が咲き盛り上がっていたので、よかったです。

結局20時過ぎくらいにようやく入れました。

まずは、お通しですが、サザエをウニであえた感じでしょうか。コリコリして美味しかったです。

P6147261

そして、ボクが選んだのは、うな重、天ぷらセット。
自分は、鰻好きなんですよね。

P6147264

とはいえ、セットになっている、天ぷらがなかなかのボリューム。海老が二本ですごいんです。
いや、ウナギも天ぷらも、満喫できました。

さらにこれが天丼になると、どんぶりを激しくはみ出しています。

P6147265

P6147266

刺身盛は、こんな感じ。

P6147263

量が多くて、苦しんだ人たちは、刺身と天ぷらのセットを頼んだ人たちです。

P6147267

地元の二人は、海鮮丼にしていました。

P6147269

リピーターである彼らは、一番、ボリュームが少ないメニューはこれだと学習していたようです。

このとき、大学時代の伝説的な武勇伝の話題に。

すごい話なんですが、それを包容する癒す系の力の偉大さを感じました。

別れの時が来て、再び、常磐自動車道へ。

余裕こいて、友部SAでお土産を吟味していたら、終電がやばい人発生。

スタートの両国ではなく、首都高入ってから、北池袋経由で飯田橋で降りることで、Win-Winな解散ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.18

水戸&日立への旅

土曜日に、大学時代の友人を訪ねに、男五人で水戸と日立に行って来ました。

東京の西に住んでいる人が車を出してくれて、他西側二人をピックアップし、私を含む東側二人を両国でピックアップしてくれ、向島インターから常磐自動車道を目指して、水戸(水戸南インター)に向かいました。

途中、千代田のPAは、ファミリーマートでした。

P6140213

ここで、まっぷるを買わなかったら、水戸南が北関東自動車道にあるとわからず、そのまま、水戸北に向かっていたでしょう。

無事、ジャンクションを水戸南方面に向かい、水戸南で下りる。

高速下りた、ケーズデンキで、久しぶりの再会。

ランチをどうしようかということで、近くのホームセンターのフードコートに行きましたが寂しいので、マップルに載っているフレンチに行ったら、激混み。

その途中の、グリーンバナナなるタイ料理屋で、ランチプレートを頼みました。

P6140216

ここは、1250円で、3種類の料理と、デザート3つがつき、スープ、サラダ、ドリンクがフリー。

P6140218

みな、満足しておりましたし、混んでいました。

レジには、ブッディーな、お金を入れる置物がありました。

P6140220

その後、日立に移動。サプライズなファースト・コンタクトを経て、日立を満喫するために、鵜の岬というところに行きました。

P6147158

日本で唯一、鵜の捕獲が許されていて、隣接している国民宿舎は、日本一の稼働率だそうです。

P6147167

当然、鵜がいますし、池には鯉もいました。

P6147150

P6147169

その後、海岸のほうに行きました。

久しぶりに波打ち際で戯れました。

P6147164

その後、ダムの見える展望台へ。

P6147222

P6147216

P6147221

P6147240

いろいろ行ったところで、おなかも減り、日立でお奨めのお店につれてっていただきました。

続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.02

原宿・表参道でランチ

オリンパスのデジタル一眼レフカメラ「E-520」等の発売を記念したイベント「Photo Festa」が、表参道ヒルズで開催されました。

浅田舞さんの、トークショーを聞いたあとに、ランチに周辺を探索。

美味しそうな、どんぶりの写真があるおしゃれなカフェに入りました。

P6017918

「Farmer's Cafe」と言うんですね。

オーダー時に、ランチメニューが、ほとんど終わっていて、パスタのみとのこと。

P6017920

ベーコンとチーズが美味しかったです。

写真は、フラッシュを焚きたかったのですが、目立つので、そのまま撮りました。

ネットで、Farmer's Cafeを検索したら、もともとは、表参道ヒルズの前身の同潤会アパートにあった「Farmer's Table」と言う雑貨屋さんがあり、そこが表参道ヒルズの再開発で今の場所に移って、2Fを雑貨や、1Fを取り扱っている食器を利用したカフェを開いたようです。

今後行ったら、二階にも行ってみよう。

Farmer's Table ファーマーズテーブル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »