« 水戸&日立への旅 | トップページ | WILLCOM 03をみてきた »

2008.06.21

衝撃の天丼「うおたか」

前回、水戸、日立に行った日記を書きました。

大学時代の友人との再会と、相方さんが、我々をもてなすために、お奨めのお店を二種類用意してくれていました。

・肉(ステーキ?)のボリュームがすごいお店
・海鮮がすごい店

どっちもすごい店らしくて、満腹くん系のボクにチョイスを振られました。

みんなは、肉のお店を選ぶと思い込んでいたようですが、ボクは海鮮の店をチョイス。

意外に、魚系も好きなワタシです。

で、このお店は、予約ができないということで、19時前に行きました。

お店は、「磯茶屋 うおたか」です。

P6147255

しかし、すっごい混んでいて、待ち時間がすごいです。

P6147256

幸い待っている間は、昔話に花が咲き盛り上がっていたので、よかったです。

結局20時過ぎくらいにようやく入れました。

まずは、お通しですが、サザエをウニであえた感じでしょうか。コリコリして美味しかったです。

P6147261

そして、ボクが選んだのは、うな重、天ぷらセット。
自分は、鰻好きなんですよね。

P6147264

とはいえ、セットになっている、天ぷらがなかなかのボリューム。海老が二本ですごいんです。
いや、ウナギも天ぷらも、満喫できました。

さらにこれが天丼になると、どんぶりを激しくはみ出しています。

P6147265

P6147266

刺身盛は、こんな感じ。

P6147263

量が多くて、苦しんだ人たちは、刺身と天ぷらのセットを頼んだ人たちです。

P6147267

地元の二人は、海鮮丼にしていました。

P6147269

リピーターである彼らは、一番、ボリュームが少ないメニューはこれだと学習していたようです。

このとき、大学時代の伝説的な武勇伝の話題に。

すごい話なんですが、それを包容する癒す系の力の偉大さを感じました。

別れの時が来て、再び、常磐自動車道へ。

余裕こいて、友部SAでお土産を吟味していたら、終電がやばい人発生。

スタートの両国ではなく、首都高入ってから、北池袋経由で飯田橋で降りることで、Win-Winな解散ができました。

|

« 水戸&日立への旅 | トップページ | WILLCOM 03をみてきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/42183841

この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃の天丼「うおたか」:

« 水戸&日立への旅 | トップページ | WILLCOM 03をみてきた »