« カレーハウスCoCo壱番屋の「5辛」 | トップページ | 大晦日の神田明神 »

2008.12.28

日本の医療現場

年越しの時期に、家族が体調を崩していて、その副次的な問題(床ずれ)がひどいことになっていたので、救急車に乗りました。

幸い2週間くらいの入院ということですが、もともとの部分も調子が悪く、我が家の平均年齢は高いので、いろいろと心構えが必要ですし、自宅のバリアフリー化も必要かもしれないです。

救急車に乗ったのは、三回目で、最初は、昔の部署の歓送迎会で、両国のちゃんこ屋で、飲みすぎた(飲まされすぎた)方が、急性アルコール中毒になった時です。
自分は、アルコールはセーブするタイプなのですが、自分もならないように気をつけたいです。

2回目は父親が入院していたときに転院の時に、救急車で移動しました。

いろいろ時が付いたのは、マンションのエレベーターの奥は、救急ベッド用に扉を開くことができて、そこに横になったまま乗れる体制になっていることとか、救急チーム(消防庁の医療技術員)は、3人一組なんですね。

映画「救命士」では、二人一組だったように感じます。

|

« カレーハウスCoCo壱番屋の「5辛」 | トップページ | 大晦日の神田明神 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20993/43574141

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の医療現場:

« カレーハウスCoCo壱番屋の「5辛」 | トップページ | 大晦日の神田明神 »