2008.12.14

サッカークラブ育成オンラインコミュニティ MYFC

WEBサッカーマガジンの、元サッカーマガジン編集長の千野圭一さんのコラムを楽しみにしています。

そして、10月から、そのサイトに「サッカークラブ育成オンラインコミュニティ MYFC」のバナーがあり。「現実のクラブをつくる。オーナーは、アナタ」とあります。

MYFC

実際にイギリスで、サッカークラブ買収コミュニティの成功事例を参考に、日本でも同様の試みを、元藤枝東高校のサッカー部で、浦和レッズの山田選手とも親交のあるWeb製作会社の社長が、始めたサービスです。

運営候補のクラブを、会員登録して、オーナーとなった人たちが選定して、最終的には有料会員によって、チームの運営や戦術などにも意見を及ぼすシステムのようです。(個人的には、スタメンなどを含めた戦術について、あまり関わりすぎるのも危険とは思いますが)

10月末に、自分も会員登録して、オーナーとしてのメンバーがいろいろ意見を出して、候補クラブについて語ったりしていたのですが、積極的に参加せず、掲示板も投稿数は伸びないので、アクセスはあまりしていませんでした。

しかし、この週末にアクセスしたら、運営候補クラブとして、「藤枝ネルソンクラブ・デ・フットボール(藤枝ネルソンCF)」が、発表されており、いくつかのオーナーの投票も終わっていました。

藤枝ネルソンCFは、静岡県藤枝市をホームに静岡県社会人1部リーグ所属です。

他の候補のクラブが辞退したなどもあり、藤枝ネルソンCFの1チームしか候補がなく、運営会社の社長が藤枝市出身だったり、親交のあるレッズの山田選手の弟が加入予定などの情報もあり、否定的な意見も目立ちます。

そのため、再度の候補の投票が予定されていたり、全国地域リーグ決勝大会出場前に休部が決定したNECトーキンサッカー部と交渉を模索したりしています。

自分も、候補がネルソンだけでは微妙とは思いましたが、社長のブログを読んでいて、応援したくなります。

【関連サイト】
Jプレイヤーズ社長のブログ
NEC/TOKINサッカー部
サッカークラブ育成オンラインコミュニティ「MYFC」ってなんだ?/サッカー瞬刊誌 サポティスタ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.08.19

印刷について「about me」で質問を作ってみました

仕事で、印刷が必要なときがありますが、経費削減などで、印刷枚数を削減してくださいと言うアナウンスが出たりもしています。

職場で、印刷で、雰囲気が悪くなったこともあり、「仕事のメールや資料をプリンターで印刷していたところ、不要な印刷は減らしてくださいといわれたら?」として、about meで、アンケートをとってみました。

記事内では、全体が切れていますが、よろしかったら、リンク先で全情報を参照してみてください。(回答には、about meへの登録が必要になります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.10

ヤマダ価格恐るべし オリンパス「E-510」ダブルズームキット購入

池袋で、ビックカメラに正面から、ぶつかったヤマダ電機。

実は昔、バイトでメーカーのプリンタとかPCの派遣販売員をしていたので、ヤマダ電機のオープン時の特価や、競合価格については、目の当たりにしていたのですが、このたび、LABI新橋店に行ったところ、びびりました。

最近、欲しかった、オリンパスのデジタル一眼レフカメラ「E-510」のダブルズームキットが、ヨドバシカメラAKIBAや、ビックカメラ有楽町店が、107700円に10-15%のポイント還元です。

一方、ヤマダ電機のLABI新橋店は、93800円に20%ポイント還元。オープン特価かもしれませんが、次元が違いました。

ちなみに、Amazon.co.jpでは、こんな感じです。

とはいえ、いろいろなサポートがあるので、結局、なじみの某カメラ量販店へ。

ヤマダほどだと、赤字になるとのことですが、ある程度、安くしてもらい、E-510のダブルズームキットを買っちゃいました。

年末にホームパーティーがあるので、そこで、活用してみようと思います。

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-510ダブルズームキット
オリンパス (2007/06/29)
売り上げランキング: 2067
おすすめ度の平均: 5.0
5 キヤノンキスデジXから買い替えました
5 ワンランク上のお手軽デジタル一眼レフ
5 デジイチに変えて
OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-510 ボディ
オリンパス (2007/06/29)
売り上げランキング: 20462
おすすめ度の平均: 5.0
5 ワンランク上のお手軽デジタル一眼レフ
5 使いやすいのに超高性能なカメラ
OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-510 レンズキット
オリンパス (2007/06/29)
売り上げランキング: 25113
おすすめ度の平均: 5.0
5 ワンランク上のお手軽デジタル一眼レフ
5 とても使いやすいです。
5 使いやすいのに超高性能なカメラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.01

Lotus Symphony

9月18日に、IBMが、ODFフォーマットのオフィス・ファイルを操作できる無償のオフィススイート「Lotus Symphony」を、発表しました。

Webのニュースなどで知りましたが、唐突感がありましたが、IBMが、OpenOfficeの開発団体に加盟したことと関係があるようです。Lotus Symphonyも実際は、OOOベースのようです。


http://www.atmarkit.co.jp/news/200709/19/lotus.html

自宅用では、OpenOffice.org(OOO)を利用しているのですが、仕事用では、OpenOfficeを利用していません。
仕事用のPCに試しに入れてみようと思います。(人聞きでは、日本語に対応していないと聞きましたが、インターフェースが英語なだけですよね)

ちなみに、「Lotus Symphony」は、「Lotus SmartSuite(日本版はロータス スーパーオフィス)」になる前の、Lotus Developmentのオフィス・スイートの名称です。

まずは、公式サイトにアクセス。

http://symphony.lotus.com/software/lotus/symphony/home.jspa

その後、「DOWNLOAD」ページへ。
https://www14.software.ibm.com/iwm/web/swerplotus/LotusSymphonyPick.html

ここで、Linuxか、Windowsを選択。現在は英語版のみです。

ダウンロードを継続するためには、IBM IDを取得するか(取得は無償)、簡単な情報登録をします。

最後に、「同意」してダウンロードへ。

133MBもあります。OOOも結構、時間がかかったので、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.01

無線LAN共有サービス「FON」

昨年、ITmedia +D PC USERの記事で、下記の記事を見て、無線LAN共有サービス「FON」と言うものがあるのを、認識しました。

開放、共有、そして幸せになる――「FONジャパン La Fonera」

しかし、すぐには利用する気がまったくなかったのですが、2月の休日に、秋葉原のTSUKUMOに寄ったときに、1,980円で、FONのルーター「La Fonera」を、衝動買いしてしまいました。

そして、4月になるまで、ずっと、箱に入ったきりでしたが、下記の@ITの記事で、日本での展開で動きがありました。

FON、日本での普及に足がかり 伊藤忠商事、エキサイトと資本提携

そろそろ、設置して、ボクもアクセスポイントを開放してみようと思います。

FON

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.24

国産オンラインワープロ「solodox」とWeb2.0

Web2.0と言う言葉が脚光を浴びている昨今、僕も梅田 望夫氏の「ウェブ進化論」を読んで、既存のITビジネスは引き続き存在し続けるが、Googleに代表されるようなある意味既存のITビジネスをひっくり返すような企業がビジネスとして確実に存在できる環境ができていることを、感じてきています。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
梅田 望夫
筑摩書房
売り上げランキング: 177
おすすめ度の平均: 4.5
5 新ビジネスを理解
4 Google Earthは面白い!
4 経済の大変動

その中で、こちら側の世界の既存のソフトウェア・ビジネスと、あちら側の世界のブラウザの向こうで完結するWeb2.0のソフトウェア・ビジネスについて、ITニュースサイト「Japan.internet.com」に以下の記事があったので、試してみました。

ちなみに私は、仕事ではMS Officeを利用していますが、プライベートでは「OpenOffice.org」を利用しています。

国産オンラインワープロ「solodox」、日・中・英語の3言語対応 (Japan.internet.com)

「solodox」は、株式会社ネットビーンズが、現在アルファ版として公開したブラウザで利用できるアプリケーションです。

Solodox

ブラウザ編集でき複数人で作業できるドキュメント文書と、プロジェクトやタスクを管理するのに便利なプロジェクト文書の2種類があります。

Solodoxのサイトでは、デモで実際にドキュメント文書と、プロジェクト文書を利用することができます。

実際に、オンラインで利用するためには、ユーザー登録が必要です。E-mailアドレスを登録するとパスワードが送られてくるので、これでログインして完了。

最初の画面は、エクスプローラーのようなファイル管理画面です。

ドキュメント文書は、HTML/Word/RTF/Textをアップロード可能。ダウンロードしての保存も同様の形式で可能。プロジェクト文書は、Excelでダウンロード保存可能です。

会社で、Lotus Notesを利用していますが、社員同士の情報共有には、非常に便利だと思っています。

メールと、文書管理アプリケーションやワークフローなどが、文書リンクと言う形でシームレスにつなぐことが可能なのが、よいところです。

この文書の共有と言う部分で、社外と連絡するときには、電子メールに添付や、オンラインファイル送信サービスを利用していましたが、結局はファイルベースでその後の、内容を合わせるのには苦労しています。

たとえば、アクセス制御を施したブログで情報共有をすると便利です。「solodox」も、社外の人とコラボレーションをするのに、便利です。

とはいえ、仕事の情報は機密情報とかもあるので、実際に進めようとなると、もっと大規模なしっかりした仕組みが必要となるかもしれませんが。

ちなみに、「solodox」のドキュメント文書は他の人が編集中には、別のマークのカーソルがあるので、状況がわかるとのことです。

企業向け、インスタントメッセージングツール「Sametime」には、ブラウザ上で特定のPCのデスクトップやアプリケーションが共有して、作業もできるのですが、それをブラウザで特定の文書で行っているような幹事なのでしょう。

Microsoftのオフィスの市場を、このようなツールがどこまで崩せるかはわかりませんが、自分でもう少し「Solodox」を利用して、みようと思います。

Googleが買収したwitelyや、zohoについても、チェックしてみようと思います。

■ネットビーンズについて

この「Solodox」を展開するネットビーンズは、中国から聞かした社長の方が1998年創業した受託開発企業でしたが、今回「Solodox」を自社商品として始めて展開したとのことです。

下記の記事に簡単にその辺の情報も記載されています。

ネットビーンズ、無料のオンラインワープロ「solodox」。複数人で同時編集 VentureNow(ベンチャー・ナウ)

■Web2.0格差社会について

Web2.0が進捗する中、格差社会について触れていた「潜入ルポ アマゾン・ドット・コムの光と影」と言う本で、われわれが、ポチっとクリックした裏に、アマゾンジャパンの物流の仕組みでは、低賃金のアルバイトの方々が、管理されながら、手配をしていると言う実情を知りました。

この本は、とても興味深く読めました。

今回のテーマとは直接関係ないですが、こちらも、いつかは感想とともにまとめてみようと思います。

潜入ルポ アマゾン・ドット・コムの光と影―躍進するIT企業・階層化する労働現場
横田 増生
情報センター出版局
売り上げランキング: 58819
おすすめ度の平均: 3.5
4 アマゾンの光と影がわかる本
4 この本でアマゾンのすべてがわかるわけではないが
4 アマゾンについて初歩からわかります

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.07.23

転ばぬ先のApple AppleCare Protection Plan for iPod

前の記事で、iPodの修理について書きましたが、Apple AppleCare Protection Plan for iPod について。

HDDタイプしか使ったことないですが、思ったよりも、iPodは壊れやすい印象があります。もし、修理が必要になった場合は、部品修理はせず、本体交換なので、新品を買うのと同じくらいの出費が必要となります。
1年の保障期間中であればよいのですが、それを過ぎると、有償となります。

その場合は、購入日から2年間まで保障を延ばしてくれるのが、Apple AppleCare Protection Plan for iPod (APP)です。値段は、7140円です。

ただし、APPを利用しても、3年目以降は保障が効かないので、そのときには、新機種を購入するしかないですね。

iPodは、バッテリーの交換は6800円です。これに、プラス340円で、保障がつくというのがセールストークのようです。

ただ、iPod Barで相談したときに、本当にバッテリーが50%以下になったかどうかは、けっこう、細かくチェックされ、場合によっては、自宅で復元を試してくださいと指示されたりとか、その場では応対してくれない場合があります。
まあ、APPでしたら、電話相談できるから、事前に、自分の今の状態がバッテリー交換できるか、相談するべきですね。

なお、この分野は、製品のライフサイクルが短いので、1年程度で別の製品に乗換えを予定している人ならば、不要です。
もし、1年以上利用するのであれば、入ったほうが良いでしょう。
ただし、APPは、1年の保障期間中に登録しないと、有効にならないので、注意が必要です。

▼以下は、Amazon.co.jpのAPPの商品ページへリンク

Apple AppleCare Protection Plan for iPod [M9404J/B]
アップルコンピュータ
売り上げランキング: 277
おすすめ度の平均: 4
5 悲しいかな、ipodの必需品。
1 買ってはいけない←本体購入日を証明する書類がない人
4 安心してiPodを使うために

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod再生

昨年、12月に、充電しても、すぐに電池の切れてしまう、iPod miniの修理の相談で、アップルストア銀座のiPod Barに行きました

なお、私が持っているのは、iPod miniの青の6GBタイプです。

Apple iPod mini Blue 6GB w/USB [M9803J/A]
アップルコンピュータ (2005/02/24)
売り上げランキング: 291
おすすめ度の平均: 4.48
5 小さいけれど力持ち。
5 軽い近い快適
5 結構使いやすい

そのときは、一度、復元(再フォーマット)して、様子を見てくださいとのことでした。
多少、調子がよくなったような気がしたのですが、その後も、まだ電池容量があるのに、電池が切れましたの表示が出る状態は変わらず。

その後、面倒なので、1年間の保障期間中の修理(2006年2月まで)に出すことがなく、先日まで過ごしてきました。

その間、ゴールデンウィークに、ヨドバシカメラで、iPodと、iTMSプリペイドカード(5000円分)のセット割引キャンペーンを行っていたので、iPod 5G 60GB Blackを入手しました。

Apple iPod 60GB ブラック [MA147J/A]
アップルコンピュータ (2005/10/20)
おすすめ度の平均: 3.89
5 買いました!
4 万能ムービープレイヤーではありません
3 レスポンスが・・・

この60GBを、しばらく利用して、miniは余裕のあるときに、修理しようと考えていました。
しかし、60GBも、ある日、突然、Sad iPodが表示され、いろいろと対処をしても、改善されませんでした。

iPod に Sad iPod(“泣き顔”の iPod)アイコンが表示される (アップル・サポート)

なかなか、忙しくて、修理をする余裕がなかったのですが、土曜日にアップルストア銀座iPod Barの予約をして、修理の相談に行きました。

で、iPod miniは、電池の容量が減ったのではなく、ロジックボードが故障していたとのこと。交換だそうです。

当然、サポートが切れているのですが、Apple AppleCare Protection Plan for iPod (APP)を見せて、無償で対応してもらいました。これがないと、21000円くらいかかるそうです。

本当は、2月までに修理すれば、保障期間内に無償で対応できたのですが、まあ、APPで対応してもらって、ラッキーと思いました。

余談ですが、iPodのボディーに文字を入れるサービスを利用したり、自分でデコレートしたり、各種キャンペーンとかのオリジナルモデルを利用した人は、交換したら、普通のになっちゃんうんでしょうね。

次に、60GBのほうですが、こちらはHDDが逝かれていたそうです。
こちらも交換。

保障期間内なので、無償。普通は25000円くらいかかるそうです。

最後に、「こちらも、APPにはいることをおすすめします」とのことです。

思ったのは、iPodは、壊れやすいが、それでも、2年は使うことを想定したら、APPは必須かなと思いました。

正直、次に買うものは、東芝のギガビートかソニーのネットワークウォークマンを買う可能性のが高いのですが、保障期間中は、iPod。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.29

DVD±RWドライブのIDEケーブル交換

先日、トラブルがあった、DVD±RWドライブ

PCをあけて、IDEケーブルを見ると、やはりATA/33用でした。
ちょうど、以前、自作用に買ったATA/133のスマートケーブルがあったので、取り替えてみました。

三菱化学の二層DVD+Rのメディア「DTR85」で、書いたところ、スムーズに書き込めました。

機会があれば、また、RiTEKの二層メディアで検証してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.22

DVD±RWドライブとDVD+R DLののトラブル

2年ほど前に、DVD±RWドライブを購入しました。

------------------------------

(1)アイ・オー・データ「DVR-ABN8」 (メーカーのページ)
→DVD+R/RW, DVD-R/RW ATAPI対応 Drive Bay用 NEC製 8倍速ライト

NECの「ND-2500A」を採用。もともと、DVD+R DLには未対応でしたが、後継の「ND-2510A」は対応しています。実は、ファームウェアのバージョンアップで、「ND-2500A」も「ND-2510A」にすることができます。

-R:8倍速書き込み
-RW:4倍速書き込み
+R:8倍速書き込み
+RW:4倍速書き込み
CD-R:32倍速書き込み
CD-RW:16倍速書き込み

------------------------------

(2)バッファロー「DVM-DM16FBS」(メーカーのページ)
ATAPI&Serial ATA接続
→内蔵型DVD±R/±RWドライブ(DVD±R 2層対応)

プレクスター製「PX-716A」。DVD+R DLに加え、DVD-R DLも6倍速で対応(ファームウェアのバージョンアップ適用時)。Serial ATA(SATA)にも対応。

-R:16倍速書き込み
-R DL:6倍速書き込み
-RW:4倍速書き込み
+R:16倍速書き込み
+R DL:6倍速書き込み
+RW:8倍速書き込み
CD-R:48倍速書き込み
CD-RW:24倍速書き込み

------------------------------

最近は、+R DLをよく利用するのと、速度の問題から、PX-716A(DVM-DM16FBS)ばかり、利用しています。

しかし、+R DLは一枚700-1000円くらいするので、高いんです。
で、5枚組みで1980円というメディアを見つけ、喜んで購入しました。

RITEKという台湾のメーカーのです。B000CEAOK0

RiTEK D+DL2X5PW DVD+R DLデータ用 2.4倍速 5枚スリムケース プリンタブル 白 (Amazon.co.jp)

RiTEK D+DL2X5PW

DVD-Viedo作成ソフトで、記録を開始してみると、エラー頻発。
焼き終えても、再生できない。もう一枚、B's Recorder Goldを利用したら、途中でエラーが出て、イジェクトされる始末。

で、いろいろネットで調べてみました。メディア自体が品質が悪いと思い、確かにそのような記述も結構ありました。(ただし、1層式では台湾製では高品質で評判だそうです)

ハード自体を、調べてみると、PX-716A(ATAPIでセカンダリのSlave接続)が、PIOモードになっていました。
調べたら、Windows XPの仕様で、エラーが頻発すると、DMAモードから、勝手にPIOモードになるようです。

PIOモードとは? (IT用語辞典 e-Words)
DMAモードとは? (IT用語辞典 e-Words)

PIOモードのほうがCPUの負担が大きいので、エラーが発生する頻度が多いようです。

で、とりあえず、デバイスマネージャーで、DVDドライブを接続している、セカンダリIDEチャネルを削除してみました。そうすると、再起動時に、自動的にセカンダリIDEチャネルを再インストールしてくれるのです。

その間、ND-2500Aを、ND-2510Aにファームウェアを更新して、+R DL対応ができるようにしました。DVD-Videoで書き込むと、エラーはやはり出ましたが、再生はできました。これで、RITEKのメディアは全部使い、5枚中1枚しか書き込めませんでした。

話は戻って、再起動したら、PX-716Aも無事、DMAモード4になりました。
その上で、自宅にあった、RICOHの+R DLがありましたので、再度DMAモードで書き込みをしてみました。

RICOH D2RDD-W5CW 2層式DVD+R DL for Data (Amazon.co.jp)

RICOH D2RDD-W5CW 2層式DVD+R DL for Data

書き込み途中に、エラーの表示が。その後、リカバリーしたという記述があり、最後まで書き込めたけど、再生はできませんでした。2枚連続で。これまでは失敗したことなかったのに、ショックでした。

これまで、RICOHのは、エラーゼロでしたので、もしかしたら、ハード自体が酷使されて、劣化しているのかもしれません。

あとは、IDEケーブルが、DMA33用のものを使っているのかもしれません。が、マシンを開けるのが面倒なので、チェックしていません。(しろよ)

で、これまで、Webサイトで、三菱化学のメディアの品質がDLではいいという情報を目にしていたので、Amazonで購入してみました。価格も5枚で2940円なので、1枚あたり600円です。

三菱化学 DTR85Y5 DVD+R 片面2層8.5GB 5枚パック (Amazon.co.jp)

RICOH D2RDD-W5CW 2層式DVD+R DL for Data

こちら、エラーが発生しないで、5枚以上できたので、すごい満足できました。

とはいえ、今日、こちらでも、初めて、書き込み時にエラーが発生して、最後まで記録できたのですが、DVDプレーヤーでは認識されず。一応、記録したドライブに入れて、再生すると、たまに再生ができるのですが。

う~ん、やはり、ドライブのレーザーの劣化か、ケーブルか、問題があるようです。(その後、IDEケーブルをATA/33用のものから、ATA/133用に変えました)

【関連記事】
DVD±RWドライブのIDEケーブル交換(2006.04.29)

| | コメント (0) | トラックバック (0)