2009.11.03

マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」を見た

マイケル・ジャクソンのドキュメンタリー「THIS IS IT」を見てきました。

DUFT PUNK好きの友人が、改めて、マイケルのすばらしさを語ってくれていて、それに影響を受けました。

連休の間で、お休みの人が多いとはいえ、レイトショーの錦糸町のTOHOシネマズは、満員でした。

マイケル・ジャクソンは、今は亡き、ウガンダのひょうきん族のスリラーのパロディで知りましたが、音楽的には「BAD」にはまり相当聞いていました。

その後、ロック好きになったので、マイケルを聞き込むことはなくなりましたが、「BLACK OR WHITE」は、ギターが効いていて、フェイバリットソングのひとつです。

かっこいい、ビデオクリップですが、演奏後の破壊的な表現が、放送禁止になったそうです。ここは、人種差別への抗議を表したといわれています。(某人種差別団体の文字が書かれたものを壊すシーンもあります)

で、THIS IS IT。

マイケルは、ライブがすごいとは思っていましたが、実際に見たことはなく、音楽だけを聴くと、マイケルのヴォーカルが前面に出ていない曲もあり、(パワフルなロック好きの耳の立場で)聴きごたえがないと思うこともありました。

しかし、マイケルのパフォーマンスは、ダンサーとしての彼や、多数のダンサーとのシンクロが大きな部分を占め、この部分は、視覚で見て、その部分も堪能できることをいまさら知りました。

死の直前も、こだわりのあるリハーサルに望む態度と、前向きな言葉。

たとえ、死ななくても、ロンドンのライブで復活で、奇人・セレブのマイケルではなく、KING OF POPのマイケルとして、話題になれたと思います。

エンディング時には、拍手が沸き起こりました。映画館だから、上映中は、騒げないけど、曲が終わるたびに拍手したくなる人も、いたんじゃないですかね。

映画は、2週間限定から、上映延長が決まりました。

年末商戦を考えると、年内にパッケージ化される可能性もありますが、家がホームシアターではない自分は、映画館で楽しめて、良かったです。

おまけで、マイケルで好きな曲は、さっき言った「BAD」、「BLACK OR WHITE」に加えて、「YOU ARE NOT ALONE」ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.18

映画「ICHI」プレミア試写会

綾瀬はるか主演の映画「ICHI」を、プレミア試写会で見ました。

女版座頭市で、勝新太郎が演じ、最近北野武がリメイクしましたが、正直、この企画を聞いたとき、「?」と感じましたし、実際設定とかストーリー展開は、本編を見た後も、納得はいっていないです。
ちなみに、勝新太郎のは見たことないし、武版は、テレビで少し(ガダルカナルタカが頭をいっぱいたたかれるシーン程度)しか見ていないです。

とはいえ、役者の魅力がそれぞれよくできていて、綾瀬はるかも、個人的にはそんなに好きな女優ではないですが、魅力的な映像でした。

予備知識が他に主演女優と、座頭市しかない状態で望みました。

舞台挨拶では、綾瀬はるか、曽我監督(松本大洋の「ピンポン」で、窪塚、獅童を起用)、窪塚洋介(「GO」が好きです。最後に見たのは土田世紀原作の「同じ月を見ている」)、大沢たかお(「解夏」が好き。最後に見たのは「地下鉄に乗って」)、子役の島綾佑の5人でした。

中村獅童は、父親が亡くなったため欠席でした。

綾瀬はるかはまじめな感じだけど柔らかい感じいい、大沢たかおはさわやか、窪塚洋介はちょっとぶっきらぼうでイメージどおり(でも、本編上映後に監督と最後まで残って挨拶してくれるいい奴)、島綾佑は緊張しまくりつつ綾瀬はるかとのうらやましいエピソードで受けていました。監督もまじめですね。

で、映画は、ピンポンを撮った監督(もともとVFXが本業)だけあって、スタイリッシュなアクションシーンや、日本ののどかな自然なんかが、ビジュアル的によかったです。

後は役者的なもの、

綾瀬はるか:特訓した殺陣シーンは迫力があります。三味線の衣装や、最後の表情はきれい。

大沢たかお:最初は調子がいいが憎めない感じだったのが、刀の抜けないトラウマを抱え、市を助け、最後、一騎打ちをするシーンはカッコいい

中村獅童:やばい悪人面が似合うラスボスです。

窪塚洋介:時代劇でも窪塚らしい演技。すばらしい父親を持ったつらさと責任感はよく出ていました。

他に、獅童の手下で窪塚と因縁の竹内力、窪塚に用心棒として雇われた大沢たかおに強烈に迫る渡辺えりがインパクトがありました。

本編上映後はエンディングロールではなく、主題歌を歌う韓国出身の「ソンミン」の生声を聴き、うまかったです。(この後、窪塚が出てきて、ソンミンと握手して、監督を呼んで終了)



| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.09.21

元NHK週間こどもニュースの池上彰氏の「記者になりたい!」

前回の「やせれば美人」の記事に続いて、先週末に読んだ週間こどもニュースの池上彰氏の「記者になりたい!」についてです。

記者になりたい! (新潮文庫 い 91-2)
池上 彰
新潮社
売り上げランキング: 6461
おすすめ度の平均: 5.0
5 週刊こどもニュースのお父さんの深〜いバックグラウンド


週間こどもニュースのお父さん役と言えば、池上さんというイメージが強かったのですが、もう2005年にはNHKを辞められていたんですね。

ちなみに、マスコットキャラクターも、今のNHKこどもニュースは、違っているみたいですね。(「記者になりたい!」の中でも、最終回で声優さんのことについて、触れていました)

ちなみに、池上氏はもともと記者志望、特に地方の記者で、朝日新聞の「続 地方記者」という書籍を読んだのが発端だそうです。

自分も子供のときは、自宅では朝日新聞が届き(日経もとっていたけど)、職業というかマスコミ業界で働きたいと思っていました。(あと、「ロードス島戦記」が好きだったので角川書店とかのメディアミックスからメディア系とかも興味がありました)

マスコミ・メディア系の就職活動は全敗したのですが、友人で出版社に入った人は、バイトで大手新聞社関連の編集部で働くなど、意識的に活動していたのに対して、自分はのほほんとしていたなと、今更ながら思います。(一応、プリンタの販売スタッフなどで、興味あるIT系のバイトして、好きな業界に入ったので、満足していますが)

話は、大幅にずれましたが、この「記者になりたい!」は、もともと、こどもニュースの関係で、出版当時(2005年)には、「こどもにも分かるニュースを伝えたい」というタイトルだったのですが、池上さんの記者になるための就職活動話や、地方局(松江・呉)、東京の社会部記者で、数多くの事件に関する裏話、そして、テレビに出演するキャスター、こどもニュースのお父さんへの抜擢、そしてニュースをわかりやすく伝えるということについてなど、本書自体もわかりやすく、まとまっています。

こどもにも分かるニュースを伝えたい ぼくの体験的報道論
池上 彰
新潮社
売り上げランキング: 345268
おすすめ度の平均: 5.0
5 彼が何者かがよくわかる本
5 マスコミ希望者必読の本。
5 こどもニュースのお父さんの半生記

またまた話はずれますが、価格.comのデジタルカメラの板で、事件などで、シャッターを押すかどうかについてのトピックがあり、表現(報道?)の自由やモラルなどの問題があり、人により、意見は異なる問題とは思いますが、「新宿バス放火事件」を写したカメラマンが、被害者の中に、自分の妹がいて、廃業したという話をたまたま知りました。

「記者になりたい!」ても、この事件のことや、その後の妹さん(下記の書籍を書いた方です)が、加害者(心神耗弱で無期懲役になったそうですが、結局、罪の意識か自殺したそうです)とあった話などが載っていて、やはり覚悟がないとできない仕事なのだなと思いました。

生きてみたい、もう一度―新宿バス放火事件 (新風舎文庫) (新風舎文庫)
杉原 美津子
新風舎
売り上げランキング: 144309
おすすめ度の平均: 3.5
4 被害者意識を超えて
3 精神機能が十全でない者の刑事責任

あと、新人として、県警担当になったとき、警官とコミュニケーションをうまくとるのが最初は難しそうに書いていましたが、もう少し、具体的にその部分の過程を知れたらよかったかなと思いました。自分も、仕事で、初めて電話するお客様がいて、苦労するので。

現在の池上さんは、現代史をテーマに、フリーの記者として活躍しているそうなので、その辺の活動も、注目してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.13

「崖の上のポニョ」見ました

「崖の上のポニョ」を見てきました。

感想は、あの歌は反則だなと。

物語自体は、変に難しくなく、あっさりしていて、それがいろいろな評価につながるのかな。

ボクは、癒されました。

一緒に見た人はみな微妙だった(恋人とは行かないとの意見も)ようでしたが、終わったあとの、話題として盛り上がりました。

宮崎駿さんは、息子さんが、「ゲド戦記」を作って、ショックを受けて、ポニョのストーリーを、作っていったとのコトですが、親と子の関係もテーマにあるんですよね。

初めて、ポニョの情報を知ったときに、ポニョのヴィジュアルに衝撃を受けましたが、さかなの姿が、一番、良いかも。

2年位前は、毎月のように映画館に見に行っていたんですが、最近行っていないので、劇場の雰囲気がよかったです。

以下は、スポンサー(amazon.co.jp)の「崖の上のポニョ」の書籍と音楽のリンクです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.27

永作博美さんのトークショー(with 映画「人のセックスを笑うな」監督井口氏)&サイン会

先日、予告していたとおり、永作博美さんの丸善丸の内本店で開催されたトークショーに行ってきました。

「人のセックスを笑うな」主演女優の永作博美さんの著作刊行記念トークショー(監督も参加)に行く予定 (2008.01.13)

リトルモアから刊行された永作さんの10年間の書き溜めたものを集めた「やうやう」の発売記念です。

やうやう 永作博美
やうやう 永作博美
posted with amazlet on 08.01.27
永作 博美
リトル・モア (2008/01/17)
売り上げランキング: 120

先週公開された山崎ナオコーラ原作の「人のセックスを笑うな」の監督が井口さんで、主演女優が永作さんです。

・女優・永作博美 ×映画監督・井口奈己

人のセックスを笑うな公式サイト

原作の「人のセックスを笑うな」は、タイトルと著者の名前のインパクトと、直木賞受賞で話題になりましたが、未読です。文庫なので、読んでみようと思います。

人のセックスを笑うな (河出文庫)
山崎 ナオコーラ
河出書房新社 (2006/10/05)
売り上げランキング: 323
おすすめ度の平均: 3.5
4 浮遊感
4 ちょっとチクチクしたくなったら読む本
4 笑わないで


19:00開場、19:30開始で、19:15くらいに行きましたら、前から3/4位の席です。
僕の後ろの小さい女の子がいて、永作さんたちが見えないで、かわいそうでしたが、最後のサイン会では、コミュニケーションできていました。

参加者は、女性は年齢の幅広くいて、男性は結構会社帰りっぽい人が多かったです。

永作さんと、井口監督が登場しました。

永作さんは、はっとする青い衣装が似合いナチュラルな美しさを発揮していました。井口さんは、普段メイクをしないそうですが、永作さんのスタイリストが見かねて眉を整えてくれたそうです(笑)。

初めてお目にかかる永作さんは、笑顔の素敵な人でした。また、井口さんは、映画監督と思えない、親しみやすい感じの人です。

永作さんが、「普通の映画の現場は、せかされるのに、そんな感じがしないいい雰囲気でした」見たいなことを行ったら、本当は「そんなことは本当はなくて、あせっていた(笑)」みたいな事を暴露していました。

井口監督が、格闘技好きなところから、「やうやう」の格闘技から見た部分のいっぺんが話題になっていました。

「やうやう」は、装丁の人の表紙や色使いが、永作さんのイメージとマッチしたそうです。ちなみに、永作さんの写真が中に入っていて、結構いいんですけど、彼女はもっと写真を増やしたかったそうです。

終盤は映画「人のセックスを笑うな」のメイキングを流してくれました。松山ケンイチ、青井優、忍成修吾などのコメントもありました。カメオ出演の市川実和子、藤田陽子、MariMari(主題歌のシンガー)なども、登場。

温水洋一さんは、永作さんいわく本当の変態だそうです。

で、時間が押してきて、サイン会へ。

名前や、メッセージなしとの注意が出て、初めて、「ためがき」という言葉を知りました。その人のために書く内容だから、「ため書き」というのでしょう。

最初のころは、握手できている人たちがいて、永作さんも笑顔で応じてくれていたのですが、途中で握手も「今回なし」に追加されました。握手できた人がうらやましい。

自分の番では、あっさり、「ありがとうございました」で終わってしまいましたが、間近で見ても、素敵でした。
誰かが、韓国映画「私の頭の中の消しゴム」の元になった「Pure Soul ~君が僕を忘れても~」の話をしていたように聞こえました。

まだ、サインもらっていない人が残っていて、サインをもらった人も開場に何割か残っていたのですが、多分、丸善の営業終了の9時を超える段階になって、残っている人も帰ってくださいというアナウンスが出ました。

まあ、運営側の都合を考えると、しょうがないし、トークショーやサイン会を開いてもらえるだけでも、ありがたいですね。よいイベントに出れてよかったです。

映画、観に行こうかなと、思いました。

帰りは、M&C Cafeでカレーライスを食べて帰ろうと思いましたが、ここも9時終了なんですね。

しょうがないので、カレーうどんの古奈屋で、特大車えび天カレーうどんを食べて帰りました。先週くらいにも、海老天カレーうどんを食べましたが、ついつい食べたくなるお店です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.01.13

「人のセックスを笑うな」主演女優の永作博美さんの著作刊行記念トークショー(監督も参加)に行く予定

先日、トキア(TOKIA)にあるインディアンカレーに誘われました。

特長あるカレーでインパクトがありました。最初は甘いのに、辛くなる、でもスプーンがとまらない。たまに食べに行きたくなる感じでした。

その後、同行者を強引に丸の内オアゾに移動させて、ドゥバイヨルで、アイスとチョコを食べました。時間のあるときに、このときの写真をアップしようと思います。

で、丸善に行って、サインコーナーを見ると、アントニオ猪木氏と、永作博美さん、年収10倍の勝間和代さんなどが、いました。レジェンドであるアントニオ猪木氏の握手回は、ビンタが飛びそうで、しり込みしてしまいました。

そこで、永遠のアイドル永作博美さんのトークショーへ。主演する山崎ナオコーラ原作の「人のセックスを笑うな」の井口奈己監督とのトークショーです。

永作博美さん・井口奈己さんトークショー

整理券をゲットできたので、25日が楽しみです。

以下はイベント対象の書籍です。すでに、丸善さんでのチケット配布は終了しています。

▼イベント対象の永作博美さんの著書「やうやう」

やうやう 永作博美
やうやう 永作博美
posted with amazlet on 08.01.13
永作 博美
リトル・モア (2008/01/17)
売り上げランキング: 6799

▼アントニオ猪木氏の365日猪木の言葉が楽しめる「猪木語録 元気ですか!一日一叫び」

猪木語録 元気ですか!一日一叫び!
アントニオ 猪木
扶桑社 (2007/12/22)
売り上げランキング: 12629
おすすめ度の平均: 4.0
4 元気と勇気を貰おう

▼マッキンゼーなどで活躍した勝間和代さんの自分をグーグル化するノウハウを公開した「効率が10倍アップする新・知的生産術」

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
勝間 和代
ダイヤモンド社 (2007/12/14)
売り上げランキング: 4
おすすめ度の平均: 4.5
4 総集編+α?
3 両津勘吉VS勝間和代氏
5 著者のノウハウが惜しげもなく書かれている。

ついでに、「人のセックスを笑うな」の原作本です。

▼文庫本

人のセックスを笑うな (河出文庫)
山崎 ナオコーラ
河出書房新社 (2006/10/05)
売り上げランキング: 2593
おすすめ度の平均: 3.5
4 ちょっとチクチクしたくなったら読む本
4 笑わないで
2 だから?

▼単行本

人のセックスを笑うな
山崎 ナオコーラ
河出書房新社 (2004/11/20)
売り上げランキング: 676
おすすめ度の平均: 3.5
5 忘れられない言葉がいっぱい。
5 タイトルについて
3 タイトルと内容がイマイチ繋がっていない

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.07.02

映画「大日本人」

ダウンタウン松本仁志の初監督作品「大日本人」。

大日本人として、獣から、日本を守る主人公を、ドキュメンタリーカメラが追うという構成です。

設定はばかばかしいけど、クスっとした笑いが随所に盛り込まれていて、映画としていいのですが、終盤、ゴッツっぽさが、好みの別れるところです。

一度、映画の世界に足を突っ込んだならば、とことんまで、作り続けてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.01

「アポカリプト」

監督メル・ギブソンが、一人の青年ジャガーの逃走劇を通して、マヤ・アステカ文明崩壊前夜を描いた作品です。

アポカリプト

主人公に生き残ってほしいという感情移入ができましたが、人が死ぬ描写は過剰にリアルです。

井筒監督が深夜の番組で、自腹で鑑賞したのを見た後、1週間ほど前に、レイトショーで深夜2:30から見たのですが、途中で寝てしまい、月末に再度鑑賞。

冒頭は、平和に暮らす森の民が狩のダイナミックさや和気藹々と冗談に興じるシーン。しかし、突如現れた別の村の集団は、村が襲われて、「新しい始まり」を探す途中で、魚と、ジャガーたちの肉を物々交換。逃げる彼らの存在が、主人公ジャガーの心に曇りを与えます。

そして、夜の宴の後に、突然の侵入者が村を襲い、殺戮と捕縛が。ジャガーは、妻子を隠し、必死で戦いますが、眼前で父親を殺され、友人たちとともに、捕虜として、連行されます。

途中、井筒監督も激怒してた少女の予言シーンや、過酷な移動を経て、ピラミッドのある巨大都市へ。

「ジョジョの奇妙な冒険」の1巻を思い出させる、生贄のシーン。

生贄や熱狂する観衆は、そういう文化(ヨーロッパやアジアでも似たようなことはあるでしょう)なので、否定はしませんが、村を襲う人たちの非道さは、あえて、南米の文明の終わりを象徴して、大げさに書いていたのでしょうか?
権力者たちの一人も醜悪(退廃的)に描かれています。

とはいえ、そのむかつきが強ければ、終盤の逃走劇の感情移入、リベンジが果たされる中で、ざまーみろ感を、増幅させてくれます。

そういえば、この映画の主人公を始めてみたとき、ロナウジーニョとしか、思えませんでした。超人的な、動き・躍動感は、共通するものがあります。

余談ですが、「パッション」公開時は品川の会社で働いていたのですが、駅で外国の人が、「パッション」のチラシを一生懸命配っていました。宗教関係者なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.29

高橋マリ子と「Academy アカデミー」

リア・ディゾンが表紙の週刊ヤングジャンプの中で、色白で髪の長い美女の写真がありました。

オーストラリア映画「アカデミー」の特集で、主演の高橋マリ子のインタビュー記事でした。

初めて知りましたが、きれいな女優さんです。今年上智大学を卒業した日米のハーフだそうです。

高橋マリ子オフィシャルサイト

高橋マリ子

写真集はもちろん、英語関連の書籍も出しています。

ドラマ「アテンション・プリーズ」に出演したのですが、体調不良で途中降板したそうです。

ちなみに、映画「アカデミー」は、オーストラリアのエリート芸術学校で、成績が振るわない人は強制退学を入学239日後にされる環境で、5人の男女の葛藤と成長を描く話だそうです。

アカデミー公式サイト|Academy Official site

なんとなく、バレエ学校の青春を描いた「センター・ステージ」を髣髴させます。「アカデミー」の5人の中には、バレエの人もいますし。こういう青春系な作品けっこう好きです。

日本人キャストは、高橋マリ子以外に「ウルトラマンコスモス」「ウォーターボーイズ」の杉浦太陽が出ています。

ということで、今後もチェックしてみようと思います。

▼高木マリ子さん関連の書籍

マリ子グラフ ― 高橋マリ子写真集 MARIKO GRAPH
高橋 マリ子 恩田 義則
角川書店 (2002/12/18)
売り上げランキング: 69033
おすすめ度の平均: 4.0
4 大人になってゆくマリ子ちゃん
4 女の子にも。
3 透明な本
高橋マリ子の英会話、だいじょうぶだよ!
高橋 マリ子
草思社 (2000/09)
売り上げランキング: 233041
おすすめ度の平均: 4.0
4 カ、カワユイ!
4 マリ子ちゃんかわいいーーーー☆
高橋マリ子は日本語・英語をこうしておぼえた。
高橋 文子
展望社 (2001/07)
売り上げランキング: 328563
おすすめ度の平均: 3.5
3 タイトルに疑問
4 多分ココでしか見られない、幼少時代の写真がたくさん。
Mariko―高橋マリ子写真集
横浪 修
新潮社 (1999/06)
売り上げランキング: 367809
おすすめ度の平均: 5.0
5 高橋マリ子よ、永遠に

▼高橋マリ子出演のDVD

世界の終わりという名の雑貨店
松竹 (2002/05/25)
売り上げランキング: 43625
おすすめ度の平均: 3.0
5 服の勉強になりました
4 ワールズ・エンド
3 原作『ミシン』
凶気の桜
凶気の桜
posted with amazlet on 07.04.29
東映 (2003/04/21)
売り上げランキング: 6504
おすすめ度の平均: 4.0
3 腐ってる
5 ヒップホップと紅白
4 若さゆえの暴走


アバンギャルド~恋のキャラメル
イーネットフロンティア (2005/02/16)
売り上げランキング: 52632
おすすめ度の平均: 3.0
3 キャラメルで

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.04.05

映画「ホリデイ(The Holiday)」

昼過ぎに、豊洲から木場まで歩く。

株主優待券のある109シネマズで、映画を見ることを目的に、ギャザリア深川へ。

「バッテリー」が見たかったのですが、時間的に、一番最適だったのが、キャメロン・ディアス×ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレット×ジャック・ブラックの恋愛もの「ホリデイ」をセレクト。

レディースデイと言うことで、周りは、女性かカップルばっかりでした。。。

ロンドンとLAで、失恋した二人の女性が、クリスマス休暇の間にお互いの環境を全部交換。

それぞれの、新天地での出会いを、描いています。

顔も知らない、女性二人の交渉が、チャットで次々と決まっていき、翌日にはそれぞれ相手の地に出発。

最初は、LAの作曲家役のジャック・ブラックが、ジュード・ロウとためを張るのか?と驚愕しましたが、うまく、ブラックらしい、展開で、受けましたし、最後は、かっこよかったです。彼は「ハイ・フィデリティ」の音楽オタクの役が好きでした。

主役級の4人に加えて、スピーチする人の内容や、元カレ達の存在感に受けたり、某名優が本人役で出てたり、ひねりが効いた、ラブコメディですね。

あとは、終盤の休暇終了前のキャメロン・ディアスがかっこよかったです。躍動してました。

映画館を出たら、雨が降っていてびっくりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

より以前の記事一覧